エネルギー工学 (改訂2版)

個数:

エネルギー工学 (改訂2版)

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2018年04月26日 01時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784485302569
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C3054

内容説明

発電の主力となる水力、火力、原子力発電から、近頃新エネルギーとして活用される風力、地熱発電の方法まで網羅した一冊。

目次

第1章 エネルギーの概念
第2章 水力発電
第3章 火力発電
第4章 原子力発電
第5章 再生可能エネルギーによる発電
第6章 燃料電池発電
第7章 電力輸送システム

著者等紹介

関井康雄[セキイヤスオ]
1936年生まれ。1965年東京大学大学院数物系研究科電気工学専攻修士課程修了。日立電線株式会社入社。1994年~2007年千葉工業大学工学部電気電子情報工学科教授。一般社団法人電線総合技術センター顧問。工学博士、技術士(電気電子部門)、電気学会上級終身会員、IEEJプロフェッショナル、IEEE(米国電気電子学会)Life Fellow

脇本隆之[ワキモトタカユキ]
1964年生まれ。1989年佐賀大学大学院理工学研究科電気工学専攻修士課程修了、修士(工学)。佐賀県立有田工業高等学校、国立呉工業高等専門学校等を経て、千葉工業大学工学部電気電子工学科教授。博士(工学)東京大学。電気学会、電気設備学会、IEEE(米国電気電子学会)、CIGRE(国際大電力システム会議)会員。JHILL(日本高電圧・インパルス試験所委員会)やJAB(日本適合性認定協会)で活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

電気エネルギーの発生と輸送の工学について学ぶ学生の教科書、参考書として執筆されたもので、電気エネルギーを大量に創生するための発電技術である水力発電、火力発電、原子力発電に加えて、化石燃料の枯渇と地球環境の保全の観点から近年重要性が増している再生可能エネルギーを利用した太陽光発電、風力発電、地熱発電、並びに燃料電池発電と電気エネルギーを需要地に送るための電力輸送システムについて記述しています。
(初学者でも理解できるように電気エネルギーの発生と輸送システムの原理と、具体的なシステム構成に関する必須の事柄について、最近の動向を交えながら記述しています)
日本における原子力発電や再生可能エネルギーを利用した発電の状況が大きく変化し、地球温暖化防止のための新たな国際枠組みである「パリ協定」も採択されるに至っています。本書に掲載されている統計データをリニューアルするのと併せて、これらの状況の変化を反映させた内容に書き改め、エネルギー工学に関わる現状を的確に紹介することとしました。

関井 康雄[セキイ ヤスオ]
著・文・その他

脇本 隆之[ワキモト タカユキ]
著・文・その他