社会調査のための確率・統計―基礎的な理論からデータ分析への応用まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

社会調査のための確率・統計―基礎的な理論からデータ分析への応用まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 216p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784485302385
  • NDC分類 417
  • Cコード C3041

目次

場合の数
確率の性質
条件付確率
ベイズの定理
期待値と分散
反復試行の確率
正規分布
統計データの整理
統計データの分析
量的データの関連性
母集団の検定
X2検定
t検定
F検定
演習問題解答例

著者等紹介

山川栄樹[ヤマカワエイキ]
1984年京都大学工学部数理工学科卒業。1986年京都大学大学院工学研究科修士課程修了(数理工学専攻)。川崎製鉄株式会社システム部勤務。1992年株式会社エイ・ティ・アール人間情報通信研究所勤務。1996年高松大学専任講師。1997年博士(工学)(京都大学)。2000年高松大学助教授。2002年関西大学助教授。2007年関西大学准教授。2010年関西大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「大学の初年次において、確率論および統計学の基礎的事項を一通り学ぶための自習書として作成しました。また、社会調査士資格のカリキュラムにおけるD科目対策としても利用できる内容を備えています。
社会調査士資格は文系学生も多く受験するため、微積分の知識がなくても読み進めることができるように、確率密度関数に対する積分計算は付録の一部にとどめています。その一方で、検定統計量の数学的構造を理論的に解析することによってそれが従う確率分布の特徴を明らかにし、断片的な知識になりがちな推測統計の手法を有機的に理解できるように努めています。
さらに本書では数値を代入すればすぐに答えが出てくる安易な方法はとらず、理論的な裏付けを常に確認しながら議論を展開しています。
巻末付録に挙げた性質の証明も飛ばさずに読みながら理解を深めて下さい。