内定をもらえる人の会社研究術―エントリーシートで目にとまる・面接で「できる!」と思わせる

個数:
電子版価格
¥1,155
  • 電書あり

内定をもらえる人の会社研究術―エントリーシートで目にとまる・面接で「できる!」と思わせる

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 289p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784484102306
  • NDC分類 336.42
  • Cコード C0030

内容説明

7業界の人気企業の分析をとおして「自己PR」と「志望動機」を強化し、確実に「内定キャラ」が身につく会社研究の方法を公開。

目次

第1章 内定を取るための就活戦略(採用担当者の本音;就活本の使い方;人気企業に内定する学生の共通点 ほか)
第2章 会社研究のポイント(会社研究の流れ;会社情報の入手方法;用語説明 ほか)
第3章 就活人気企業を研究する(電機業界のビジネスを分析する―パナソニックvs.ソニー;鉄道業界のビジネスを分析する―JR東日本vs.JR東海;ゲーム・玩具業界のビジネスを分析する―バンダイナムコvs.スクウェア・エニックス ほか)

著者等紹介

望月実[モチズキミノル]
1972年愛知県名古屋市生まれ。立教大学卒業後、大手監査法人に入社。監査、株式公開業務、会計コンサルティング等を担当。2002年に独立し、望月公認会計士事務所を設立。ドラッカー学会会員。現在は、就活やキャリアアップにおいて「数字センス」で状況を切り開いていく方法を伝えることをミッションとして、執筆、講演、テレビ出演などを通じアプローチ

花房幸範[ハナフサユキノリ]
鳥取県生まれ。中央大学商学部卒業後、大手監査法人において日本及び海外の会計基準に基づく決算書の監査業務の他、株式公開、デューデリジェンス業務等に携わる。その後、投資会社の財務経理部長としてM&A業務に従事。現在は会計コンサルタントとして幅広く個別の企業経営をサポートするとともに、地元の鳥取県をはじめとする地域の活性化に取り組んでいる。「会計」を若手に教える活動も積極的に行う他、企業向けの研修も手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

短眠屋さん

0
就活はどれだけ情報を集めるかそこから出てくる評価のポイントは3つあって情報収集に努力できる熱意その情報から考えを見いだせるか自己分析と考察結果のマッチングこれらを高いレベルでクリア出来れば採用担当者に評価してもらえると考える人当たりのよさとかは生来積み重ねてきたもので一朝一夕に劇的改善が期待できるわけではない。自分が頑張ったこととかは、それをいかに企業が求める人物像とマッチングできるか、大したことをやる必要はない。後半は会社研究の具体的部分が多かったので研究段階の時期にまた再読したい。2012/08/05

クロ

0
なんとなく、同じ業界での企業の比較の仕方を学びました( ̄∇ ̄)2011/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1097727
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。