ありえないことが現実になるとき―賢明な破局論にむけて

個数:

ありえないことが現実になるとき―賢明な破局論にむけて

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480847232
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C0036

内容説明

“想定外”はなぜ起きるのか。大惨事を回避するために今、わたしたちに必要な思考のプロトコル。

目次

第1部 リスクと運命(特異な視点;迂回、逆生産性、倫理;運命、リスク、責任;技術の自立;係争中の破局論)
第2部 経済学的合理主義の限界(予防―リスクと不確実性との間で;無知のヴェールと道徳的運;知ることと信じることは同じではない)
第3部 道徳哲学の困難、欠くことのできない形而上学(未来の記憶;未来を変えるために未来を予言する(ヨナに対するヨナス)
投企の時間と歴史の時間
破局論の合理性)

著者等紹介

デュピュイ,ジャン=ピエール[デュピュイ,ジャンピエール][Dupuy,Jean‐Pierre]
1941年フランス生まれ。哲学者。理工科学校名誉教授(社会哲学・政治哲学)、スタンフォード大学教授(哲学・文学・政治科学)。フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)倫理委員会委員長、イミタチオ財団研究主任。理工科学校および国立高等鉱業学校の出身。2011年、ロジェ・カイヨワ賞受賞

桑田光平[クワダコウヘイ]
1974年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学、パリ第4大学博士課程修了(文学博士)。現在、東京外国語大学大学院総合国際学研究院専任講師。専門は20世紀フランス文学・文化

本田貴久[ホンダタカヒサ]
1975年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了(文学博士)。現在、中央大学経済学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現代社会において想定外の災害の到来を引き受ける予防原則を、ノイマンやサヴェッジ、ロールズやハンス・ヨナスを検討しながら提唱する。新しいリスク論の誕生。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件