加害者は変われるか?―DVと虐待をみつめながら

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480842831
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C0036

内容説明

なぜ、あんなことを?加害者の声に耳を傾けることで見えてきた現実。一歩間違えば被害者から加害者へ。悲劇が起きないよう、カウンセラーから緊急提言。

目次

第1章 カウンセリングの現場から(カウンセリングに来る人;加害者とは誰か)
第2章 虐待する親の姿(映画「ある子供」から;A子の場合 ほか)
第3章 ドメスティック・バイオレンス(ある事件から;加害者と被害者の逆転した意識 ほか)
第4章 性犯罪(語られない被害;目の前の存在は人ではないのか? ほか)
第5章 責任の取り方(被害者は何を望んでいるか;加害者との生活 ほか)

著者紹介

信田さよ子[ノブタサヨコ]
1946年生まれ。臨床心理士。原宿カウンセリングセンター所長。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。95年に原宿カウンセリングセンターを設立。アルコール依存症、摂食障害、DV、虐待などで悩む本人や家族へのカウンセリングを行っている。また、2005年には性犯罪者処遇プログラム検討委員としてプログラムの作成にかかわり、講演も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

DVや虐待はなぜ起こるのか? 加害者を知ることで見えてくることがある。アンタッチャブルであった家庭内暴力の問題点を取り上げ解決法を模索する。