82年生まれ、キム・ジヨン

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

82年生まれ、キム・ジヨン

  • ウェブストアに260冊在庫がございます。(2021年09月26日 15時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480832115
  • NDC分類 929.13
  • Cコード C0097

出版社内容情報

韓国で100万部のベストセラー! 邦訳刊行。映画化決定! 女性が出会う困難を描いた超話題作。解説 伊東順子。推薦文 松田青子韓国で100万部のベストセラー! 映画化決定!! 
教育や仕事、育児など女性が人生で出会う困難、差別を描き、
絶大な共感から社会現象を巻き起こした話題作。
解説 伊東順子

「女性たちの絶望が詰まったこの本は、
未来に向かうための希望の書」――松田青子

チョ・ナムジュ[チョナムジュ]
著・文・その他

斎藤真理子[サイトウマリコ]
翻訳

内容説明

ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのようなキム・ジヨン。誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児…彼女の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかるものが浮かびあがる。女性が人生で出会う困難、差別を描き、絶大な共感から社会現象を巻き起こした話題作!韓国で100万部突破!異例の大ベストセラー小説、ついに邦訳刊行。

著者等紹介

チョナムジュ[チョナムジュ]
1978年ソウル生まれ、梨花女子大学社会学科を卒業、卒業後は放送作家として社会派番組のトップ「PD手帳」や「生放送・今日の朝」などで時事・教養プログラムを十年間担当。2011年、長編小説『耳をすませば』で文学トンネ小説賞に入賞して文壇デビュー。2016年『コマネチのために』でファンサンボル青年文学賞を受賞。『82年生まれ、キム・ジヨン』で「第四十一回今日の作家賞」を受賞(2017年8月)

斎藤真理子[サイトウマリコ]
翻訳家。『カステラ』で第一回日本翻訳大賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

618
ハードコア・フェミニズムの本かと身構えて読み始めたんだけど。めっちゃ読みやすい、構成がいい、そして(おそらく)翻訳もいい‼️読者はいろんな年齢層に渡ると思うし、もちろん住んでる国からして違うわけだが、きっと女性だったら誰でも「アルアル〜」で満ちあふれてる。わたしなんてかろうじて雇用機会均等法世代だけど、過去の求人案内には、初任給が男女別で記されてたんだよなぁとか。去年の夏訪れたソウル、韓国系の友人たちを思って読み終えた。この作品が世界に飛び出した意義は大きい。2020/03/16

ウッディ

603
韓国で大ベストセラーになった話題の本作、期待が大きかったせいか、平凡な印象でした。それでも、韓国の普通の女性が受ける性差別の現実、自分の方が優秀なのに男性兄弟の進学のために身を粉にして働いたり、出生前診断で女の子だとわかる中絶したりという祖母や母の時代から当然のように考えられていた男尊女卑の考え、痴漢やセクハラ、就職差別など韓国女性のリアルが淡々と綴られ、韓国社会の闇を垣間見たように気がしました。男性の自分と娘の父親としての自分、対岸の火事だと傍観できない気分になりました。2020/03/03

うっちー

469
差別は制度改定ではなく、深層心理の問題と思います2019/05/10

chinayo

427
ノンフィクションかと思うような書き方をしている小説。韓国はまだまだ男尊女卑だなとおもったが、日本だって人の国のことをとやかく言えるほど、社会的には女性はまだまだだと思うよ。2019/04/03

ネギっ子gen

374
評判に違わず良書。過去から現在につながる韓国における女性差別の実態を告発。【注目】106頁。キム・ウンシル課長が語る後輩の末路の話が切なかった。会社創設以来の初の育児休業を終えて一年後に復帰した後日談。残業と土日出勤の日々。<月給のほとんどをベビーシッター代につぎこみ、いつもいっぱいいっぱいで、あの人この人に子どもを預け、夫とメール電話でけんか>した挙句、会社を辞める。これって、今の日本も同じ。118頁に<「ガラスの天井指数」でも、韓国は調査国のうち最下位>とあるが、日本はその韓国のたった一つ上な訳で。⇒2020/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13271683

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。