遺言―対談と往復書簡

個数:
  • ポイントキャンペーン

遺言―対談と往復書簡

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月03日 23時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480816771
  • NDC分類 914.6

内容説明

―未曽有の大災害と原発事故の後、言葉を交わしあうことを強く望んだ染織家と作家。長年の友人である二人が、「一日一日が最後のような日々」の中で、切望し実現した対談と往復書簡。

目次

二〇一一(平成二十三)年(志村ふくみより石牟礼道子へ 三月十三日;志村ふくみより石牟礼道子へ 七月三十日;志村ふくみより石牟礼道子へ 八月八日 ほか)
二〇一二(平成二十四)年(石牟礼道子より志村ふくみへ 一月二十日;志村ふくみより石牟礼道子へ 一月三十日;石牟礼道子より志村ふくみへ 二月二十四日 ほか)
二〇一三(平成二十五)年(石牟礼道子から志村ふくみへ 五月四日;石牟礼道子より志村ふくみ、洋子へ 五月二十七日;石牟礼道子より志村ふくみ、洋子へ 五月三十日)

著者紹介

志村ふくみ[シムラフクミ]
1924年滋賀県近江八幡に生まれる。55年、植物染料による染織を始め、57年、第四回日本伝統工芸展に初出品で入選。83年、『一色一生』(求龍堂)により大佛次郎賞受賞。86年、紫綬褒章受章。90年、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。93年、『語りかける花』(人文書院/ちくま文庫)により日本エッセイスト・クラブ賞受賞。同年文化功労者に選ばれる

石牟礼道子[イシムレミチコ]
1927年熊本県天草郡に生まれる。69年に刊行された『苦海浄土―わが水俣病』は、文明の病としての水俣病を伝えるものとして注目される。翌年、大宅壮一賞に選ばれるが辞退。73年マグサイサイ賞、86年西日本文化賞受賞、93年『十六夜橋』で紫式部文学賞受賞。2001年、朝日賞受賞。02年『はにかみの国―石牟礼道子全詩集』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

未曽有の大災害と原発事故の後、言葉を交わしあうことを強く望んだ染織家と作家。長年の友人である二人が、残された時間を自覚する中で実現した対談と往復書簡。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件