本意に非ず

個数:
電子版価格 ¥1,500
  • 電書あり

本意に非ず

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月23日 15時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 244p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163911236
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

光秀はなぜ信長を討ったのか――。歴史の流れの中で、理想や志と裏腹な決意をせねばならなかった男たちの、後悔と無念の人生を描く。

内容説明

光秀はなぜ信長を討ったのか―歴史の流れに抗えず、理想や志に背を向けた男たちの無念と後悔。傑作歴史小説集。

著者等紹介

上田秀人[ウエダヒデト]
1959年、大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。97年、「小説CLUB新人賞」佳作に入選しデビュー。歴史知識に裏打ちされた骨太の作風で注目を集める。2010年、『孤闘 立花宗茂』で中山義秀文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

175
本意なんて確かなものが本当にあったのだろうか?上田作家が描く5人の有名どころの時代背景と思惑の短編集。こんな光秀の解釈は面白くも哀しい。好みはラストの勝海舟『不実』それぞれドラマで演じられていた俳優が脳内にいて、躍動し語ってくれて・・(笑)楽しい読書だった。2019/12/19

とん大西

108
戦国黎明期から明治後半まで、命のやりとりとともに遺していった無念、矜持を貫くが故に積み重ねた後悔…。苦渋、苦悩、苦笑い。悪名、梟雄、麒麟児。背負うものに違いはあれど歴史に名を刻んだ「時代」の男たち。心持ちトーンを落とした彼らの語りが聞こえてきます。とりわけ、勝海舟の維新後日譚『不実』が良かったです。勝が思いを馳せるありし日の龍馬と西郷。偲びつつ語る倒幕と維新、その本質と明かせなかった舞台裏。過去と行く末を俯瞰したあのべらんめえ調で全編が締まりました(^-^)2019/12/07

rosetta

23
★★★★✮ミステリー好きとしては今更歴史小説を読むのならこうした新解釈が嬉しい。光秀が信長を討ったのは配下の美濃衆に無理矢理担ぎ上げられたから。久秀は悪名を敢えて自分が被り三好家に最後まで尽くした忠義者だった。政宗は時代を読めなかった鈍物。鬼平は田沼に取り入った出世主義者。勝海舟が徳富蘇峰に語った明治維新の真相と龍馬殺しの犯人。光秀や龍馬なんか散々描き尽くされた感があるがまだ面白い新解釈は出てくるものだなぁ。しかしフリガナは「ほんい」よりも「ほい」の方が格好良いと思う。『ほいにあらず』どうですか?2020/03/14

Makoto Yamamoto

20
上田秀人初読み。 歴史上の有名人物を登場させ、その思いを新しい視点で描いた短編集。 明智光秀は本能寺焼き討ちの後の状況を描き、松永久秀の三好長慶への忠誠、伊達政宗振り返り、長谷川平蔵の思惑と実際、勝海舟の思い出語りがあり、それなりに面白く読ませてもらった。 好みは勝海舟の思い出語り。 2020/01/04

LIBRA

18
こそこそ話風に書かれているのが面白かったです。 私は、松永久秀の話は余り知らなかったので、楽しめました。勝海舟の話の中で坂本龍馬暗殺の犯人には、驚く見解がありました。2020/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14573226

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。