ヤマメの魔法

個数:
  • ポイントキャンペーン

ヤマメの魔法

  • 湯川 豊【著】
  • 価格 ¥1,944(本体¥1,800)
  • 筑摩書房(2014/04発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 36pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 10時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480816757
  • NDC分類 787.1

内容説明

ヤマメの魔法にかけられて、夕暮れの川を知るようになった。誰からも忘れ去られたような北国のきらめく流れ、夏の光のなかに身をさらしているゆるやかな長い流れ―フライ・フィッシングから生れた懐かしい“物語”のようなエッセイ集。

目次

1 イワナよ、目を覚ませ(あの川はどこへいった;春を待つとき ほか)
2 物語のように(北国の熱狂者;ヤマメの魔法 ほか)
3 渓流図書館(セルビアの白鷲(ロレンス・ダレル)
大きな二つの心臓の川(アーネスト・ヘミングウェイ) ほか)
4 特別な一日(その魚は見えなかった;花ひらく頃 ほか)

著者紹介

湯川豊[ユカワユタカ]
文芸評論家、エッセイスト。1938年新潟市生まれ。慶應義塾大学文学部卒。1964年、文藝春秋に入社。「文學界」編集長、同社取締役などを経て退社。その後、東海大学文学部教授、京都造形芸術大学教授を歴任。2010年『須賀敦子を読む』で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「ヤマメの魔法にかけられて、夕暮れの川をを知るようになった」。光と水を浴び、川や谷をたどる大自然の中での釣り人と魚たちとの交歓をつづった珠玉のエッセイ。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件