• ポイントキャンペーン

わたしの城下町―天守閣からみえる戦後の日本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 362p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480816535
  • NDC分類 291.09

内容説明

戊辰戦争以降、攻防の要たるお城はその意味を失うかに見えた。が、どっこい死んだわけではない。新たな価値をにない、昭和・平成を生き続けている。ホンモノ、ニセモノ、現役、退役…、さまざまなお城から見えてくる日本の近・現代史。

目次

お濠端にて
宮城から球場へ
和気清麻呂が見守るもの
嗚呼忠臣楠木正成に見送られ
北面の武士たち
なごやかな町
お城が欲しい
遺品の有効期限
捕らぬ古ダヌキの皮算用
双子の城〔ほか〕

著者紹介

木下直之[キノシタナオユキ]
1954年、静岡県浜松市生まれ。東京芸術大学大学院中退。兵庫県立近代美術館の学芸員をへて、現在、東京大学大学院教授(人文社会系研究科文化資源学研究室)。十九世紀の日本美術の研究を中心に、広く写真や建物や記念碑、祭礼や見世物や作り物など物質文化全般を対象として、それらを展示・存続、隠蔽・撤廃させる社会について考察を重ねてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

明治以降「無用の長物」となった城は、近代以降も人々の精神的なシンボルへと姿を変えて生き延びる。日本人の心の拠所である城から見える異色の日本の近現代史。