山谷 ヤマの男

個数:

山谷 ヤマの男

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年03月28日 19時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480815316
  • NDC分類 368.2

内容説明

本書は写真家多田裕美子が、東京山谷の玉姫公園で開いた青空写真館で出会った男たち、両親が営んだ山谷の食堂に集まった人々を記録したフォト&エッセイ集である。

目次

泪橋の交差点にあった丸善食堂
投げつけられたコップと一枚の写真
玉姫公園ではじまった屋根のない写真館
用心棒とマネージャー
朴訥男の報告
丸善のシャッターと映画
母とカメラ
山谷ブルースを生きる男
チャンピオンとにせもの
津軽の三味線弾き〔ほか〕

著者紹介

多田裕美子[タダユミコ]
1965年生まれ。東京浅草出身。東洋大学文学部卒業後、六本木スタジオ勤務、写真家岩切等の助手を経て、1995年からフリーカメラマンとして活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日雇労働者の街として知られた東京山谷。ここで百人を超える男たちの肖像を撮影した女性カメラマン。エピソードと写真を収録する。

多田 裕美子[タダ ユミコ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件