たましいのふたりごと

個数:
  • ポイントキャンペーン

たましいのふたりごと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 17時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480815279
  • NDC分類 914.6

内容説明

人気作家と人気歌人がジャンル、性別、世代を超え、創作の秘密から恋愛観、ひとに言えない性癖まで78のキーワードで友情の限界ギリギリまで攻めあった迫真のトークセッション!

目次

打擲
おめかし
香水
永遠
未来
便箋
銀色夏生
人たらし
ペット
兄弟姉妹〔ほか〕

著者紹介

川上未映子[カワカミミエコ]
1976年、大阪府生まれ。2007年、「わたくし率イン歯ー、または世界」が芥川賞候補となる。2008年、「乳と卵」で芥川賞、2009年、『先端で、さすわさされるわそらええわ』で中原中也賞、2010年、『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、柴式部文学賞、2013年、『水瓶』で高見順賞、『愛の夢とか』で谷川潤一郎賞を受賞

穂村弘[ホムラヒロシ]
1962年、北海道生まれ。歌人。1990年、『シンジケート』でデビュー。以後、短歌のみならずエッセイ、評論、絵本など幅広く活躍している。2008年、『短歌の友人』で伊藤整文学賞を、連作『楽しい一日』で短歌研究賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

作家・詩人として日本文学の最前線を疾走する川上未映子と当代一の人気歌人・穂村弘が、人生のワンダーを求めて、恋愛・創作・生活等々を縦横無尽に語りつくす!