• ポイントキャンペーン

中庸、ときどきラディカル―新近代主義者宣言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 258,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480814456
  • NDC分類 914.6

内容説明

左翼では「弱者」とか「人権」といった言葉がむやみと使われ、右翼からは「国柄」などという意味不明の言葉が出てくる。こういう時勢の中で、正気を保ちながらバランスをとり続けるのはむずかしい。だが、あえてこのきつい地平に屹立する。それが「中庸」だ!健全なナショナリズムはありえないのか?穏当なフェミニズムはありえないのか?いま、最も根源的(ラディカル)な問いを立てる、果敢な論考。

目次

改めて「主婦論争」を読む
「近現代史論争」に関するノート
セクシュアル・ハラスメントと思想・表現の自由
私的ナショナリズム論
「シナ」がいけなくて「チャイナ」がいい理由は?
英国の歴史教科書
学者失格!
近代国家の代案
遺伝を忘れようとする人たち
醜男論、美人論
文庫版『靖国』を読む
文学者の教育改革案
「男の貞操論」はなぜ消えたのか
売買春論はフェミニズムと手を切れるか?:「江戸幻想批判」ふたたび
「密告」は常に悪か

著者紹介

小谷野敦[コヤノアツシ]
1962年茨城県生まれ。東京大学文学部英文科卒。同大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了。学術博士(超域文化科学)。1990‐92年、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学に留学。現在、東京大学非常勤講師および明治大学兼任講師。文芸批評、演劇、歴史、ジェンダー論などフィールドは幅広く、独自の「男性論」を展開。また、論壇・文壇の党派性への鋭い批判も行なっている