ちくまプリマー新書<br> コペルニクス―よみがえる天才〈5〉

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ちくまプリマー新書
コペルニクス―よみがえる天才〈5〉

  • ウェブストアに82冊在庫がございます。(2021年01月22日 11時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480683892
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0244

内容説明

観察データを読み解き、考え続け、理性の命じることを優先させた結果、長く天文学の伝統であった天動説を否定したコペルニクス。どのように地動説=太陽中心説を思いついたのか。固定観念を打ち破った近代科学誕生の幕開けの瞬間に迫る。

目次

第1章 青少年期のコペルニクス―ポーランドからイタリアへ(どのような家庭に生まれたか;コペルニクスの生きた時代 ほか)
第2章 留学帰りの聖堂参事会員兼医師の重要な余技(医師コペルニクス;司教の秘書官として働く ほか)
第3章 天文学者として名が広まる聖堂参事会員(職務に追われる日々;天文学者としての名が広まっていく ほか)
第4章 『天球回転論』の出版―地動説の公表(若き数学教授との出会いが運命を変えた;古代の諸仮説を捨てた理由 ほか)
第5章 静かな革命―天球回転論が起こす波紋(地動説が世界観をかえてゆく;コペルニクスのパラメーターを活用したグレゴリオ暦の出現 ほか)

著者等紹介

高橋憲一[タカハシケンイチ]
1946年生まれ。早稲田大学理工学部電気工学科卒業。東京大学大学院理学研究科退学。理学博士。科学史・科学基礎論専攻。九州大学大学院比較社会文化研究院教授を務め、九州大学名誉教授。『ガリレオの迷宮―自然は数学の言語で書かれているか?』(共立出版)で、第60回毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

長く天文学の伝統であった天動説を否定し、地動説を唱えたコペルニクスによって、近代科学は大きな一歩を踏み出した。どのように太陽中心説を思いついたのか。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件