ちくまプリマー新書<br> 生きものとは何か―世界と自分を知るための生物学

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

ちくまプリマー新書
生きものとは何か―世界と自分を知るための生物学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 07時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 317p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480683441
  • NDC分類 460
  • Cコード C0245

出版社内容情報

生物の最大の特徴はなんだろうか?地球上のあらゆる生物は様々な困難(環境変化や地球変動)に負けず子孫を残そうとしている。生き続けることこそが生物!?

内容説明

自分を知るには、まず生きもののことを理解しておく必要がある。生きものの形や時間にはどのような特徴があるのだろう?何のために生きているのだろう?生きものの本質を明らかにする冒険的な試み。

目次

第1章 生物という呼び名
第2章 生物は続くもの
第3章 種と生物の分類
第4章 生物学には「なぜ?」がある
第5章 生物の形
第6章 円柱形の進化
第7章 動物の時間
第8章 時間とエネルギー
第9章 生物のデザインからみた現代文明

著者等紹介

本川達雄[モトカワタツオ]
1948年仙台生まれ。東京大学理学部生物学科卒業。東京大学助手、琉球大学助教授、デューク大学客員助教授を経て、1991年から2014年まで東京工業大学大学院生命理工学研究科教授。東京工業大学名誉教授。理学博士。専攻は動物生理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まーくん

94
著者は『ゾウの時間ネズミの時間』の本川先生。プリマー新書、高校生向けという建前だが侮れない。分子生物学というミクロの研究が注目されがちだが、これは古典的ともいえるマクロの生物学の話。生き物の形は円柱形が基本だとか、生物の有り様の必然性について語っているが、白眉はやはり生物の「時間」。どの生き物も心臓の拍動は15億回でお終い。動物の時間は体重の1/4乗に比例。ネズミはゾウが70年かけて成すことを3年で、一生を駆け抜ける炎のような生き方(どちらも一生に30億ジュール分の仕事を)。生物により時間の質が違う。2020/07/06

izw

9
生物に関する見方が変わる本だった。生物の源が発生してから何十億年と遺伝子がコピーされ変異し「進化」してきて現在の多様な生物の生態がある。種とは何か、我々が生きている環境が如何に特殊な環境か、人間が見ている色彩豊かな世界が如何に特殊か、生物の形は円柱形という見方、生物の大きさによって時間の流れが異なるという説、どれをとっても、目を見開かれる思いだった。専門分野に進む前の子どもに向けた本・メッセージだと著者はいうが、私のような老人たちにも味わってもらいたい著書である。2019/08/26

乱読家 護る会支持!

8
「生きつづけるという目的を、あたかも持つかのように振る舞うもの」を生物と捉える生物の教養講座。生物を切り口にした科学哲学のような本でしたが、生物学的思考に慣れていないからか、理解は難しかったです。生物専攻の方に詳しく解説して欲しいっす。。。 「熱力学の第二法則」と「環境変化」を乗り切る生物。伊勢神宮方式で子孫を残す。 理科は唯一、意味、目的、価値を問うことは禁じられている教科。ただし、生物だけは、意味、目的、価値を問うことが許されている。生き物は、進化の結果、意味、目的、価値を持つかのように振舞っている。2019/08/12

すうさん

6
「ネズミの時間、象の時間」で有名な本川達雄さんの総仕上げのような本。生物はすべて円柱形であるという生物論から入るのだが、科学や社会歴史さらに時間論まで飛び出す。もちろんすべて空想や自分の想像ではなく、科学的な論証で語られる。現代社会や地球環境を見ながら、経済や文化、近代社会の在り方、人間の生き方(というより生物的意味で)まで熱く語る。アリストテレスの言葉がよく出てくるが、かなり印象的だった。あとがきには、若い学生に書いた本だとあるが、還暦前の私にも目からうろこ。ものすごく面白くかつ感動的な本だ。脱帽!2019/03/22

kkkともろー

5
これまでの著者の本の総まとめ的な内容。最終章が本当に言いたいことだろう。近代批判の一つ。2019/03/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13436546

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。