ちくま文庫<br> ベランダ園芸で考えたこと

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

ちくま文庫
ベランダ園芸で考えたこと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 01時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 234p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480435941
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

ベランダで始めた園芸。ドラゴンフルーツ、朝顔、薔薇、ゴーヤーetc.。花がある側は「ナオガーデン」、食べられる植物がある側は「ナオファーム」。「虫のかじったあとを見て、地球の形もこんな風に変わってきた、と想像する」。ベランダは世界のミニチュア。書き下ろしエッセイ「そのあとのていたらく」を新たに収録。

目次

ラプンツェルのように
ベランダの可能性を引き出す
去年に起きた、愛情の暴走
時間を超える種
コンパニオンプランツとは
芽が出る喜び
薔薇
残酷な間引き
食料にする
旅欲が私を突き動かす
緑のカーテン
ゴミから伸びるもの
奇形を愛でる
台風の日に生まれた
「借景」について
キノコの季節
冬の生活
さようなら、私のベランダ

著者等紹介

山崎ナオコーラ[ヤマザキナオコーラ]
1978年生まれ。性別非公表。國學院大學文学部日本文学科卒業。会社員をしながら書いた「人のセックスを笑うな」が2004年の文藝賞受賞作となり、26歳から作家として活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

149
11階のベランダのバジルが花咲くとスズメがやってくる。こんな高いところまで…そんなに美味しいのかしら。春になると種を蒔きまくる。小さな粒には巨大な生命力という未来が詰まっている。ベランダに植物があれば虫や鳥がやってくる。世界のミニチュア。カラスが来るとビックリするけど。太陽や風や雨との共演が窓枠に広がり、日々の喧騒の中でホッとする。…引越先は広いベランダや日当たりを優先してしまう山崎さんも私も、ベランダ園芸家のようです。この先の人生を、読書をし執筆し、草花を育て畑を肥やし、散歩をして生きていく。素敵です。2021/04/18

ユメ

48
ナオコーラさんの考え方が好きで、彼女のエッセイを読むのが好きである。しかも本書のテーマはベランダ園芸。私も昨年ベランダ園芸を始め、今年から本腰を入れ始めたところなので、大いに共感したり参考にしたり、意義深い読書となった。ベランダは世界のミニチュアである。生命の誕生から死までを内包しているという点でももちろんそうだ。だが、ナオコーラさんはそこから更に踏みこんで、植物の成長から人間の生き方や社会の在り方にまで思いを馳せる。とりわけ、作家としてご自身が社会で果たすべき役割についての考えには感銘を受けた。2019/05/19

ゆりこ

19
書店に行けないので、無印良品の本棚で購入。ナオコーラさんの、独身〜新婚時代のベランダ園芸についてのエッセイ。私もベランダで植物を育ててたので、共感しながら読めました。それでも、あとがきに全部持っていかれる。お子さん達との生活、充実してそうで羨ましい。2020/04/25

ぱなま(さなぎ)

19
ささやかながら観葉植物を育てているが、間引きが憂鬱で家庭菜園はなかなか手が出ない。本書にもこの間引きの残酷さに文学者として悩む項がある。しかし、ある意味で作品世界の神である作家と、菜園の主であるということは似ているのかもしれない。現実では間引くしかなかった存在に、文学は手を差し伸べて居場所を与えられるのではないか。などと思う。 筆者の文章はつねに率直で正直であろうとする。そのことに打たれる。私は普段、いかに虚飾で隠され真実の見えない言葉ばかり使っていることか。それはそれで、言葉の恩恵でもあることだが。2020/01/09

こすも

15
園芸に関するエッセイというと、ヘルマン・ヘッセ『庭仕事の愉しみ』、カレル・チャペック『園芸家12カ月』などが思い浮かび、思索の深い作家との親和性を感じていました。現代日本の作家だと、まさに山崎ナオコーラさんがぴったり。草花に対する距離感の絶妙さやはしゃぎすないクールな筆致がまずとても素晴らしい。そして、園芸にとどまらず、社会への関わり方や仕事への取組まで思索を馳せていくところは、作家としての矜持を感じます。藤野可織さんのあとがきも良かったです。2019/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13668565

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。