ちくま文庫<br> 「ひきこもり」救出マニュアル 理論編

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
「ひきこもり」救出マニュアル 理論編

  • 斎藤 環【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 筑摩書房(2014/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 14pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月21日 14時25分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480431677
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0136

出版社内容情報

「ひきこもり」治療に詳しい著者が、Q&A方式で、ひきこもりとは何か、どう対応すべきかを示している。すべての関係者に贈る明日への処方箋。

内容説明

「ひきこもり」治療に詳しい著者が、具体的な事例をもとに、Q&A方式で、ひきこもりから抜け出す手だてを示している。「この本の情報さえあれば、専門家抜きでもひきこもりから抜け出すことが可能になる、というくらいの実用性を持たせたい」と宣言しているだけあり、数多くの事例を診ている著者のアドバイスはじつに的確で、すぐに実行できることがたくさんある。「ひきこもり」で悩むすべての関係者に贈る明日への処方箋・理論編。

目次

1 「ひきこもり」は一二〇万人
2 なぜひきこもるのか
3 不登校は「ひきこもり」の前兆か
4 治療を受ける目安とは
5 治療者の選び方
6 「ひきこもり」の治療とは
7 他の病気も視野に入れて
8 治療にあたっての親の覚悟
9 はじめは親の通院から

著者等紹介

斎藤環[サイトウタマキ]
1961年生まれ。医学博士。爽風会佐々木病院診療部長。専門は思春期・青年期の精神病理学、病跡学、ラカンの精神分析、「ひきこもり」問題の治療、支援ならびに啓蒙活動。漫画・映画等のサブカルチャー愛好家としても知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ななつ

43
健全な自己愛はあるものの支える他人の欠如。個人、家族、社会におけるひきこもり悪循環システム。人間関係を持つことの大切さ。集団適応支援。同世代との親密な仲間関係の獲得。親密な対人関係を複数(最低三人の友人を)持つこと。だめ連も評価する。補中益気湯、桂枝加竜骨牡蠣湯。初めは親の通院から。ソーシャルスキルトレーニング。2019/12/02

燃えつきた棒

33
主に「ひきこもり」の子どもを持つ家族のために書かれた実用的な入門書である。 Q&A形式で極めて平易に書かれており、とても読みやすい。 また、本や新聞などのメディア経由で知り得た医師を選ぶことは、患者数が増え過ぎて、治療の質が下がっている怖れがあるので、あまりお勧めできないなどと、著者自身の限界まで曝け出して、努めて誠実な姿勢で語っており、信頼するに足りる良書だと思う。 しばらく、この人の本をフォローしてみたい。 2019/01/12

saga

31
本書は「実践編」と対をなすものであるが、Q&A形式で進行する内容は理論編といえども具体的な内容となっている。不登校とひきこもりの違いや関係性が解説されており参考になった。後半では統合失調症とひきこもりに関する記述が多いところを見ると、多くの保護者が悩んでいることなのだと感じた。2014/08/31

ばんだねいっぺい

30
 「家族関係の徹底した再構築に基づいて本人を動かしていく。」、「治療と正論はことごとく対立します。」、 理想的な三要素は、「両親の協力態勢」、「時間をかける」、「適切な対応」。要は、生易しいことではないということだ。「隗より始めよ」ということで、「信じて待ち」ながら、周囲も変化し、成長を遂げていくしかないこということか。 2018/12/28

mari

18
『極端な話、この本の情報さえあれば、専門家抜きでもひきこもりから抜けだすことが可能になる、というくらいの実用性を持たせたいのです』とあるように著者の決意と真剣な取り組みがビシバシ伝わります。本人にしろ親にしろ情報を求めることが大切だと思った。必ず方法はある。とても良い本だと思います。理論編に続き実践編も読みます。2014/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8039579

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。