ちくま文庫<br> 初代竹内洋岳に聞く

個数:

ちくま文庫
初代竹内洋岳に聞く

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 525p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480430816
  • NDC分類 786.1
  • Cコード C0175

内容説明

標高8000メートル以上の山は世界に14座。そこは酸素が平地の3分の1、平均気温はマイナス35℃、ジェット機が飛行する高さだ。そんな8000メートル峰に挑み続け、日本人で初めて14座完全登頂を成し遂げた竹内洋岳。10座目のガッシャブルム2峰で雪崩に遭い腰椎を骨折、瀕死の重傷を負うという大事故を乗り越え、12座目ローツェに登頂するまでを描き、その魅力ある人間性に迫る。

目次

少年時代
山へ
初の海外遠征「シシャパンマ」
日本山岳会「マカルー登頂」1995年
エベレスト、K2継続登山
波瀾の期間
新たな登山
豊かな友人たちとの山行き
ガッシャブルム2 雪崩
再び14座を目指して
G2へ持っていった道具
継続でブロードピーク
12座目、ローツェ登頂

著者等紹介

竹内洋岳[タケウチヒロタカ]
1971年生まれ。東京都出身。プロ登山家(ICI石井スポーツ所属)。立正大学客員教授。高校、大学の山岳部で登山を始め、20歳でヒマラヤ8000メートル峰での登山を経験。その後17年にわたりヒマラヤの峰々に挑戦、2012年5月26日、ダウラギリ(8167メートル)に登頂、日本人で初めて8000メートル峰14座完全登頂を達成

塩野米松[シオノヨネマツ]
1947年、秋田県出身。作家。聞き書きの名手。職人や漁師、登山家など、その対象は幅広い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本人初、8000m峰14座完全登頂を達成した竹内洋岳。生い立ちから12座目ローツェの登頂に成功するまでを描き、その魅力ある人間性に迫る。