ちくま文庫
こわい部屋―謎のギャラリー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 483p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480429629
  • NDC分類 908.3
  • Cコード C0193

出版社内容情報

思わず叫び出したくなる恐怖から、鳥肌のたつ恐怖まで。「七階」「ナツメグの味」「夏と花火と私の死体」など18編。宮部みゆき氏との対談付。

内容説明

『謎の部屋』に続く、「謎のギャラリー」第2弾。平穏な日常が一転して、そこには?思わず叫びだしたくなる恐怖から、じわじわと骨の髄をもこたえるような恐ろしさまで。チャイナ・ファンタジー(南伸坊)、四つの文字(林房雄)、懐かしき我が家(ジーン・リース)、避暑地の出来事(アン・ウォルシュ)、ナツメグの味(ジョン・コリア)、夏と花火と私の死体(乙一)他。付録、北村薫・宮部みゆき対談。

著者等紹介

北村薫[キタムラカオル]
1949年埼玉県生まれ。作家、アンソロジスト。早稲田大学ではミステリクラブに所属。高校の国語教師のかたわら、89年「覆面作家」として『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞受賞。『鷺と雪』で2009年直木賞受賞。読書家、本格推理ファンとして、評論、アンソロジーにも腕をふるっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

125
北村薫さんによるかなり怖い話のアンソロジーです。いくつか読んだ話もあるのですが、ブッツアーティの話は非現実的な世界ではないのでかなり怖さが残ります。海外作者のものが多いのですが、日本のもいくつかありとくに乙一さんの「夏の花火と私の死体」は中編でかなり印象に残りました。若いのにすばらしい作品を書かれています。最後に北村さんと宮部さんの対談があり参考になりました。2020/11/09

sin

75
ひねくれ者だからだろうが、巻末の編者を持ち上げるような対談を読んで尚の事そう感じたが上手いアンソロジーとは思えない。取り扱う題材を同じくするものを並べてみたり、他を圧して長くかつ印象も強い作品を最後に配したり、いわゆる取捨選択の“捨”の部分が苦手な編集に感じられた。とはいえそのおかげで(笑)長い間気になっていた乙一の『夏と花火と私の死体』を読めたのは思わぬ拾いものではあるが…自分としてはもう少し鋭角的に“こわい”を取り上げた編集が好み…2016/05/03

優花

31
ハズレなし。ホント、怖かった!本編を読み、各作品を振り返る北村さんと宮部さんの対談で再度「あー、怖い」と「こわい部屋を愉し」んだ。「七階」は既読だったけど。どれもタイトルを見たらその恐怖が甦って来るほど、本当に怖い。怖い」樹下太郎「やさしいお願い」は同じような状況になったら、参考になりそう。「死者のポケットの中には」手に汗握る思いで最後の最後までハラハラドキドキ。読みながら体に力が入ってた。「二十六階の恐怖」の北村さん曰く「そこへいくのか」というラスト。乙一「夏と花火と私の死体」は怖いし酷いんだけど、情景2017/02/14

みさどん

22
ぞっとする短編が集められた一冊。ブラックな落ちにニヤリとするものが多かったけれど、途中大事な一文を逃して、意味がつかめないものもあった。どんどん暗い描写になっていく、海外物は辛い。表題に「・・私の死体」とある乙一さんのラストの作品は死んだ自分を淡々と描く描写が新しくて、どんな結末かと一気読み。なるほど。宮部みゆきさんと北村さんがいかにも好きそうな作品群。2021/03/04

あたびー

19
#日本怪奇幻想読者クラブ 長い時間かかって読んだせいで、一部忘れてしまい読み返したり。初めて読む作家の物もあり、楽しんだ。南伸坊氏の中国怪談は楽しかった。そこから岡本綺堂、今度は東洋文庫を読み返そう。ブッツァーティは巻末宮部みゆき氏が「腹黒いのではないか」と言っていたが、もちろんそれで片付けられない作家であることは皆さんご存知だ。小熊秀雄に関しては薄学にして未知であったので、早速更に読んでみようと思う。素晴らしかった。(以下覚書)2019/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5247691

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。