ちくま文庫<br> 息子と恋人

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
息子と恋人

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月22日 23時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 798p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480427663
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

主人公ポール・モレルの人生が家族・恋愛、性・死などを中心に生き生きと描かれた20世紀イギリス文学の傑作を全復元版の読みやすい新訳で。

内容説明

20世紀イギリス文学を代表する作家ロレンスの自伝的小説。19世紀後半から20世紀初頭にかけてのイギリスを舞台に、主人公ポール・モレルの生い立ちと成長が、親子、兄弟、仕事、恋愛、性、生死など人生の重要な要素と局面を中心に、喜びと悲しみの両方向から力強く生き生きと描かれている。全著作の中でも、とりわけ芸術性が高く、しかも親しみやすい傑作を、完全復元版の新訳で。ちくま文庫オリジナル。

著者等紹介

ロレンス,D.H.[ロレンス,D.H.] [Lawrence,David Herbert]
1885‐1930。イギリス中部の炭鉱町イーストウッドに坑夫の息子として生まれ、南仏ヴァンスで死去。『チャタレー夫人の恋人』をはじめとする12作の長編小説のほか、数多くの中・短編小説、戯曲、紀行文、評論・エッセイを遺した

小野寺健[オノデラタケシ]
1931年横浜生まれ。東京大学文学部英文科卒業。同大学院修了。横浜市立大学名誉教授

武藤浩史[ムトウヒロシ]
1958年東京生まれ。英国ウォリック大学大学院博士課程修了。慶應義塾大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

161
20世紀前半の英国の家族の物語である。 第一部は 著者の自伝的要素が 強いらしいが、 母の影響が 如実に出ていて 興味深い。 粗野な父と 良家出の母…そして 兄弟たち …読んでいて なぜか懐かしくなるのは 昔ながらの道徳観からなのだろうか? 若いミリアムと 人妻クララとの対比も 古典的だが、繊細で心地良い。 ポールの母への依存度が ちょっと気になるが… 最後は、 自立の曙光がほんのりと灯るような、そんな 終わり方だった。2019/04/14

ケイ

105
今の言い方では、ポールと母は共依存なのだろうか。母は、夫からは得られなかったものを息子から得ようとする。客観的に見れば明らかなのに、きっとモレル夫人には無意識の行動だろう。愛する者を自由にしたい、愛する者を独り占めにしたい、愛する者の視界の真ん中には常に自分がいたいという欲求。客観的にみれないから、その欲求の醜さや恐ろしさに自らは気付けない。そして、ポール自身は、今一つ冴えない男であったからこそ、母のもっとも愛する者であろうとした。愛が呪縛であると気付いた時の彼の葛藤の場面は息苦しくなるほどだった。2017/02/05

NAO

58
宗教的に厳格な母親に溺愛されて育ったポール。ポールが自分のすべてを愛する女性に与えることができないのは、彼の精神を常に母親が支配しているからだ。ポールはそれを痛いほど感じていながら、それでも、母の影響から逃げ出すことができない。この話はロレンスの自伝的要素が強いという。あまりにも強い母の影響から逃れるためにロレンスはかなり苦しんだようだが、いびつな家族環境が子どもの精神に及ぼす弊害を、わたしたちはもっと知っておくべきなのかもしれないと思った。2016/03/08

やいっち

26
彼の生涯は1885年9月11日 - 1930年3月2日。  ってことは、44歳での没。  今更ながら、密度の濃い生涯。しかも、『息子と恋人』(1913年)、『虹』(1915年)、『チャタレー夫人の恋人』(1928年)。つまり、本作『息子と恋人』 は、28歳の作。読了後、訳者あとがきを読んでその事実を知り、少なからざる衝撃を受けた。 『チャタレー夫人の恋人』にしても、43歳の作。2018/04/07

シグマ

14
飲んだくれで暴力的だが妻の妊娠中は優しく協力もする父、貧しい家を切り盛りしなんとか家の調和を築く母、女にうつつを抜かし死んでしまう兄、母親を恋人のように扱うことをやめられない主人公。ヴィアンの「うたかたの日々」を彷彿とさせる、喜劇的な悲劇の長編だった。主人公が女と話すときやたらと説教がましいのがややしんどい(解説ではそんなことないと書かれていたが)。ミリアムはどうしてあんなに他の女に嫌われるのだろう、たしかに男の物をやたらと漁るのはぞっとするが。2017/01/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10168568

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。