ちくま文庫<br> 独学のすすめ

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
独学のすすめ

  • 加藤 秀俊【著】
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 筑摩書房(2009/11発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月11日 23時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480426581
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0137

出版社内容情報

内容は後日登録

内容説明

初等教育から大学まで、混迷する教育。意欲を失った子供や若者たち。学校は何のためにあるのだろうか?歴史を振り返ると、学校教育という制度は新しく、知識は「独学」によって各個人が自発的に獲得するものだった。しかも現在、IT技術の急速な進歩は時間と空間を圧縮し、「独学」の可能性はますます広がりつつある。「やる気」という視点から教育の原点に迫る。

目次

1(独学のすすめ;学ぶこころ;意欲の問題;読書について;生き方の学習;情報時代の自己教育)
2(教養とはなにか;お稽古ごと;「しごと」の意味;「問題」とはなにか;創造性というもの)
3(わがままな期待;試験の社会史;「専門」とはなにか;外国語の教育;学問の流動性;学校の意味―あとがきにかえて;あたらしい読者のために―ちくま文庫版へのあとがき)

著者等紹介

加藤秀俊[カトウヒデトシ]
1930年生まれ。東京生まれ。社会学博士。一橋大学を卒業後、京都大学、スタンフォード大学、ハワイ大学などで教える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

57
独学についての本を読んでいて出会う。最終章を読んでそうだよなあ、教員が保守的だから学生も守りに入るんだよなあ……と深く納得した。あちらこちら移動なさった先生の方がお話の内容も深まるし、人間的にも面白い。学生の側も受動的にではなく学びたくなるだろう、そんな先生に教われば。2018/12/29

団塊シニア

31
学校に行けないから独学で勉強するのだと考えられてるが、独学できっちり学問のできない人がやむをえず学校に行って教育を受けているのだという言葉は一理あるような気がする。2017/08/21

WATA

13
教育とは一生続くものであり、その大部分は独学によるものだ、ということを教えてくれる。古い本だが、今読んでも内容は色褪せない。2014/01/11

さぼてん

12
ひらがなが多く多少読みづらかったのですが、文章が平明で非常に分かりやすく、私にも容易に理解することができました。学校は要らない...という意見には現役の学生として反対ですが、最後の方の専門分野や教科目のくだりには感動、そして共感しました。こんなに古い本なのに、日本人と今の日本社会の核心を突いていて、少なからずどきっとしました。2014/02/24

isao_key

11
野口悠紀雄『「超」独学法』を読んだが、もっと独学の本質に迫った本を読みたいと思い本書を手に取る。1975年刊行。当然インターネットや携帯電話は登場していない。だが内容はいまだに色あせていない。むしろ著者が本書で述べていることがまだ実行、実現されていない。文庫化にあたり本書で書いた学校不必要論の意見はまったく変わっていないという。文体には独特のリズムがあり、文章の端々に現代の文筆家にはない知性、余裕を感じる。古き良き大正教養主義を受け継いでいるようだ。「人間は、他人の経験を貪欲に盗むことによって成長する。」2018/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/440969

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。