ちくま文庫<br> ノーサンガー・アビー

個数:

ちくま文庫
ノーサンガー・アビー

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月26日 03時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 392p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480426338
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

内容は後日登録

内容説明

17歳の平凡な少女キャサリンは、リゾート地バースで恋に落ち、由緒あるお屋敷に招待されて有頂天。古めかしいお屋敷で、愛読中のゴシック小説に出てくるようなホラー体験ができる、と大喜びでノーサンガー・アビーに出かける。ところが、小説の読みすぎでキャサリンの妄想はとんでもない方向に…。オースティン初期の辛口ラブコメディー。定評ある読みやすい新訳で初の文庫化。

著者等紹介

オースティン,ジェイン[オースティン,ジェイン][Austen,Jane]
1775‐1817。イギリスの小説家。おもに結婚話を題材とした、平凡な日常生活のドラマを皮肉とユーモアをもって描き、完璧な芸術へ高めたと言われる

中野康司[ナカノコウジ]
1946年神奈川県生まれ。青山学院大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

62
十九世紀初頭の恋愛小説。小説好きの少女が古い館に招かれて…。ゴシック小説のパロディと聞き興味が湧いて読み始めたのであるが、恋愛小説はやはり趣味に合わずきつい。恋愛にしても当時の風潮で家と財産が先に立つのとそれの駆け引きが中心となっている部分は、興味深いけどやっぱり会話がきついなあ。ゴシック小説への言及とノーサンガ・アビーについてのパロディ部分はベタながら面白く読めたけど、それも中盤一部分だけだったし。ゴシック小説の研究書で言及されていたので読んだけど、やはり自分に恋愛小説は向かないと分かった一冊でした。2020/10/13

yumiko

62
「十七歳の娘の例に漏れず、無知で無教養だった」と書かれてしまうヒロイン(^^;;夢見がちで世間知らずなところが昔の私に似ているような…流石にもう少し人を見る目はあったけど。この時代の英国流マナーと建前に縛られた会話に辟易するも、皮肉たっぷりなオースティンの筆が面白く読み進む。時代も文化も違うのに、こういう人いる!と感じる人物造形、誰も彼も彼女の辛口な描写から逃れられない。滑稽で愚かな人々の輪舞の中、夢見る女子のシンデレラストーリーは一先ず終了。でも人生はまだまだこれからよ〜とおばさんは意地悪くほくそ笑む。2017/04/11

seri

58
久しぶりに寝食忘れて夢中で読みました。今までオースティンを知らずに生きてたなんて愚かなことを!200年も前に書かれた話だけど古めかしさは少しもなく、丁寧な訳も読みやすい。17歳の田舎娘の辛口ラブコメディ。彼女の欠点は小説の読み過ぎだけど、素直で優しい若い女の子の妄想し過ぎによる失敗ってなんて可愛いの!欠点さえ大いなる魅力。ロマンスよりも彼女の成長に焦点をあててしまう。作者による小説への愛情溢れる弁護も、当時の時代背景が垣間見えて面白い。2015/12/26

みっぴー

51
ラブコメの女王、ジェイン・オースティンがヒロインに選んだのは若く世間知らずな十七歳。実家から離れて友情や愛情に目覚めていき、ハッピーエンドで幕を閉じる。「説得」と同時進行で読んだせいか、軽すぎる。出版社も駄作と判断したらしく、出版まで十年以上の間があったそうです。2017/02/21

紅はこべ

49
私は作中でヘンリーがゴシック小説の面白さについて熱烈に語るシーンが好き。『源氏物語』の「螢」の巻で、光源氏が玉鬘相手に物語の価値について語るシーンを思い出す。小説、物語、フィクションの面白さ、価値を熟知しているからこそ、現実を見つめる目が持てるのだ。現実と架空世界を混同する人は、物語を心から味わったことがない人なのだと思う。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578659

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。