三島由紀夫

個数:

三島由紀夫

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 16時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 471p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480425102
  • NDC分類 918.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ちくま日本文学010 三島由紀夫

永遠の若者であろうとした
大作家の肖像

目次
海と夕焼
中世
夜の仕度
家族合せ
幸福という病気の療法
真珠
三原色
喜びの琴
私の遍歴時代 抄
終末感からの出発
わが魅せられたるもの
人に迷惑かけて死ぬべし
文弱柔弱を旨とすべし
告白するなかれ

【解説: 森毅 】

内容説明

永遠の若者であろうとした大作家の肖像。

著者等紹介

三島由紀夫[ミシマユキオ]
1925‐1970。本名平岡公威。東京・四谷生まれ。学習院中等科在学中、「三島由紀夫」のペンネームで「花ざかりの森」を書き、早熟の才をうたわれる。東大法科を経て大蔵省に入るが、まもなく退職。「仮面の告白」によって文壇の地位を確立。以後、「愛の渇き」「金閣寺」「潮騒」「憂国」など、次々と話題作を発表、たえずジャーナリズムの渦中にあった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

49
肉体と精神を軸にした短編や戯曲が多い印象です。自ら体を鍛えたりしていたので、肉体ありきなのでしょうね。若者の文学と言えるので、自然と肉体と精神を考えるのかもしれません。天才ですね。2022/02/08

優希

44
再読です。小説、エッセイ、戯曲の構成で、肉体と精神を軸にした作品を収録している印象です。三島自身も肉体を鍛えていたことからも、耽美の風景を切り捨て、自己意識が投入されているように思えてなりません。独自の感覚がどこを切り取っても見えるのです。独特の文学意識が込められているからと言っても良いですね。2023/10/24

ころこ

36
小説、戯曲、エッセイの3部構成になっていて、いわゆる三島の耽美的な小説のイメージを破壊する意図を感じます。私なりに意図を解釈すると、三島の小説はどこを切り取っても三島の自意識が刻印されている。ところが戯曲とはむしろ自意識だけの構築物であり三島にあっている形式である。エッセイになると自意識の表出が無くなっている。自意識とは仮面を「仮面」といってしまうことですが、三島の文章が苦手な読者もエッセイを終わりから逆に読んでいくと、彼の最期が暗示されている文章と共に、とはいえ意外と読めることに気付くかも知れません。右2022/03/24

ふな

18
(図書館本)真面目な人かと思っていたらユーモアのセンスもあるらしい。「不道徳教育講座」には笑わせてもらった。「文弱柔弱を旨とすべし」そういう男子ばかりなら戦争なぞ起きないだろうな。「三原色」には「綺麗」「美しい」という表現が多く出てくるが、この人は外面に重きを置いているのだと感じた。「告白するなかれ」内面をだらだら吐き出しても仕方ない。2015/08/19

ホシ

15
短編6作、戯曲2作、随筆4作を収めます。『海と夕焼け』は再読でしたが、これが一番好き。森毅氏の解説で私の三島像がくっきりしてきました。森氏曰く、三島作品は若者のための文学であると。人が若い時代に物事の真実や真理を渇求する、その姿の危うさ、覚束なさ。形式的・表面的に精緻を極めた美に道徳や倫理を超越した純粋さを投影しながら、三島はそうした姿を表そうとしたのではないかな。こう考えると、金閣寺も三島作品に登場する美男美女も、何だかはっきりとした立ち位置が見えてくるように思います。2018/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/481740
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。