寺山修司―1935‐1983

個数:

寺山修司―1935‐1983

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 15時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 475p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480425065
  • NDC分類 918.6
  • Cコード C0193

内容説明

60年代のカルチャーヒーローの全体像。

目次

誰か故郷を想はざる 抄
家出のすすめ 抄
私は地理が好きだった
歴史 抄
首吊人愉快
青蛾館より
手相直し
封印譚
野球少年遊戯
にせ絵葉書
チェスの夏
犬地図
猫目電球
全骨類の少女たち
書簡演劇
毛皮のマリー
サーカス
友よいずこ
小指の辰
忘却の土俵入り
さよならヒットをもう一度
おさらばという名の馬鹿
モンタヴァル一家の血の呪いについて
時間割
ロング・グッドバイ
長篇叙情詩 李庚順
新・病草紙抄
新・餓鬼草紙
空には本抄
血と麦抄
田園に死す抄
テーブルの上の荒野

著者等紹介

寺山修司[テラヤマシュウジ]
1935‐1983。青森県弘前市の生まれ。早くより詩や短歌を発表。十八歳のとき短歌研究新人賞を受賞して脚光をあびる。早大在学中にネフローゼを発病し四年間の療養生活を送る。その後、劇団「天井桟敷」結成、劇作家、演出家として活動のかたわら、小説、批評、詩、歌謡、映画、競馬評論などさまざまな分野で才能を発揮した。旺盛な仕事のさなかに急死(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

52
寺山修司というと即連想するのが『毛皮のマリー』です。それしか知らなかったというのもありますが。なので、色々な作品に触れられて興味深い1冊でした。2022/03/18

海恵 ふきる

13
個人的に母親への屈折した凄惨な愛がテーマになっている作品(押見修造『血の轍』etc.)が好きなので、本書のセレクトはわりに刺さった。戯曲《毛皮のマリー》の妖しい面白さには驚いた。寺山自身はひどく気に入らなかったようだが『長篇叙情詩 李庚順』も好き。寺山の魅力は、いま目の前で語られている物語が、インチキか真か咄嗟には判断しえないところにあると思う。エッセイでさえ油断はできない。寺山の美学は、真実をそのまま語ることにはなかったのだ。2022/05/30

A.T

13
寺山修司ダイジェスト。毎度読むたびに引っかかる箇所が違う。今回は「歴史抄」と題したエッセイ。寺山修司は歴史嫌いの地理好きを公言しているのに、作風がレトロなイメージなのは何故なのかと気になっていた。同時代の異次元性、シュールとリアルがグルっと瞬時に入れ替わる変幻、常に今現時点のどっちに転ぶか?を観察する、体験する、居合わせることのスリルの切っ先を鋭くする、振幅の振り幅を広げた結果なのだろうかー。2016/12/11

12
なんとなく買って積んで有りましたがこれまたなんとなく読み始めると…面白い!自分の肌に合う感じ!各作品からのベスト選集なのが良かったのか、ある程度全体像が見える構成で自分の興味のある作品も見えてきました。この人はやっぱり「異人」なんでしょうね。2018/11/01

jima

9
短編、詩、短歌など。特に昭和43年の作品「誰か故郷を想はざる」が心に残る。2023/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488822
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。