幸田文―1904‐1990

個数:

幸田文―1904‐1990

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月15日 17時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 476p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480425058
  • NDC分類 918.6
  • Cコード C0193

内容説明

自らの足跡を刻むように文筆を続けた人。

著者等紹介

幸田文[コウダアヤ]
1904‐1990。東京向島の生まれ。父露伴より家事、身辺にわたりきびしい躾をうける。二十四歳のとき嫁いだが十年後に離婚。実家にもどり晩年の父をみる。その死を述べた「終焉」「葬送の記」で文壇に登場。つづいて「こんなこと」「みそっかす」。ほかに長編「流れる」「勲章」「笛」など。ジャーナリズムと隔たりをとり、みずからの足跡を刻むようにして文筆をつづけた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

71
文豪、幸田露伴の娘としてレッテルを貼られるも堂々として生きていた幸田文。どうも身が入らない夫の代りに働く姿は、気風の良い姐さんである。しかし、彼女の凛とした佇まいになるまでは、気性の他に女性としては遣りきれない、壮絶な経験もあった。「みそっかす」で明かされる家庭内に絶句。しかし、森先生みたいに彼女を「ままっこ」としても腫れ者扱いしてくれない人がいてくれて良かった・・・。それにしても幸田露伴って家庭では、自分の事を棚上げする、どうしようもない男なんだなと、現代から見るとそう思ってしまう。2019/06/14

優希

42
再読です。自伝的作品が多いですね。キリッとした文章に惹かれます。壮絶な人生を歩んできたという印象を受けました。「家族」が愛しくなるような随筆だと思います。2023/11/10

優希

42
自伝的な作品が多い印象です。キリッとした硬質な文章は父親譲りでしょうか。2022/02/11

ころこ

40
実はかなり昔にたまたま読んだ文章の印象が残っている作家で、確かに露伴がいてはじめて成立する文章はありますが、文章の独特の呼吸、描写する細部の順番の妙、人間関係の機微を間によって伝える技術、特に父の文語に対する無意識が視覚的に表現されているエクリチュールとしてのひらがなの使い方が絶妙で、評価されて良い作家だと思います。2022/06/02

弥勒

12
幸田文の文章は情緒に満ちており、彼女の体験が眼前に現れるようであった。雪が降るのを「おとぎばなし的にふしぎな現れかたで雪は降りてくる」と、書いており優しい感じがする。それは、漢字を意識的に使わないところからもうかがえる。また、「髪」は継母との思い出のようなものを書いているが、すごく心に残った。「黒い裾」・「みそっかす」はもう読む手が止まらなかった。彼女の幼少期の記述が鮮明なのがすごく不思議な気持ちになったが、思い出の一つ一つを大事に生きてきたのだな、と羨ましく思った。2015/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/467961
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。