ちくま文庫<br> イギリスだより―カレル・チャペック旅行記コレクション

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

ちくま文庫
イギリスだより―カレル・チャペック旅行記コレクション

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 10時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480422910
  • NDC分類 989.54
  • Cコード C0198

内容説明

故郷をこよなく愛するとともに、世界各地の多様な風景・風俗を愛したチャペックは多くの旅行記を遺している。その巧妙でユーモラスな筆致は、深い人間愛と洞察を底に秘め、世界中に今もなおファンが多い。本書は中でも特に評価が高いイギリス滞在記で、1924年にペンクラブ大会参加と大英博覧会取材のため訪れたときのもの。チャペックの「イギリスびいき」ぶりがうかがえる名著。自筆イラスト多数。

目次

1 イングランド(第一印象;イギリスの公園 ほか)
2 スコットランドへの旅(エディンバラ;テイ湖 ほか)
3 北ウェールズとアイルランド(北ウェールズからの手紙;アイルランドについての手紙)
4 ふたたびイングランドで(ダートモア;港 ほか)
5 イギリス人のみなさんへ(イギリス人のみなさんへ―『デイリー・ヘラルド』紙のアンケートに応えて;イギリスでのラジオ放送用演説)

著者等紹介

チャペック,カレル[チャペック,カレル][Capek,Karel]
1890~1938。ジャーナリスト、エッセイスト、小説家、劇作家。ヨーロッパの小国チェコに生まれ、ナチスに対抗し、全体主義と闘った。その文筆活動は非常に多彩で、新語“ロボット”を世に広めたSF劇「R.U.R」、エッセイ『園芸家十二カ月』『ダーシェンカ』、童話『長い長いお医者さんの話』が特に有名

飯島周[イイジマイタル]
1930年長野県生まれ。跡見学園女子大学名誉教授。言語学専攻。97年木村彰一賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

115
カレル・チャペックの1924年のイギリス旅行記。これは非常にお勧め。ユーモラスな筆致の中に社会批判を交えて、イギリス人とイギリス社会の本質を的確に描き出している。何よりも人間的な温かみが感じられるところが素晴らしく、チャペックが深い人間愛の持ち主だったことが分かった。私は特に「スコットランドへの旅」の部分が好きだった。旅情に溢れており、スコットランドの土地とそこで暮らす人々を詩情豊かに描いている。決してうまいとは言えないが、チャッペック自身によるイラストも味わい深くて、良かった。2016/07/23

マサ

10
イギリスの街、人々、自然についてかなり辛口の記述が、ユーモアたっぷりの表現と特異な着眼点で語られる。著者がイギリスの特徴として取り上げている事柄をヨーロッパ諸国と対比しながら考察しているところが面白い。「島国」論は日本にも当てはまるような気がする。自筆のイラストがまた面白い。2019/06/30

りりり

7
オランダ編で気になってイギリス編。冒頭の短いあいさつ、ナチスドイツのチェコ侵攻の前夜に亡くなったという著者の生きた時代のことを考えさせられる。民族と民族との距離が恐ろしく遠くなり、遠くなればなるほど孤立する...うーん。本編では当時のロンドンに対しては愛ゆえか?つっこみがはげしめだったり、ハイドパーク、アイルランドについての書き方など独特で面白い。イギリスだけでなくチェコに興味が出てくる。2014/12/15

伊田林 浮刄@RinGoddess

6
★☆☆☆☆事前の期待値上げすぎたおもんなかった2016/01/10

けいちか

6
チャペックの紀行物。イラストが可愛い。イギリスからの手紙の体裁をとって書かれている(実際には新聞に連載)。イギリスびいきだが、かなり辛らつなことも書かれている。悪いところも理解した上での「ひいき」なのだろう。イギリス人にとっては普通のことも、外国人から見ると、こんなに不思議なんだよ、という意見。まっとうです。日本も島国根性あるからなあ。チャペックに、日本紀行文も書いて欲しかったな。2014/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/562310

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。