ちくま学芸文庫<br> 普通の人びと―ホロコーストと第101警察予備大隊 (増補)

個数:

ちくま学芸文庫
普通の人びと―ホロコーストと第101警察予備大隊 (増補)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 521p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480099204
  • NDC分類 234.074
  • Cコード C0122

内容説明

薬剤師や職人、木材商などの一般市民を中心に編成された第101警察予備大隊。ナチス台頭以前に教育を受け、とりたてて狂信的な反ユダヤ主義者というわけでもなかった彼らは、ポーランドにおいて3万8000人ものユダヤ人を殺害し、4万5000人以上の強制移送を実行した。私たちと同じごく平凡な人びとが、無抵抗なユダヤ人を並び立たせ、ひたすら銃殺しつづける―そんなことがなぜ可能だったのか。限られた資料や証言を縒り合わせ、凄惨きわまりないその実態を描き出すとともに、彼らを大量殺戮へと導いた恐るべきメカニズムに迫る戦慄の書。原著最新版より、増補分をあらたに訳出した決定版。

目次

ユゼフフのある朝
通常警察
通常警察と最終的解決―ソ連一九四一年
通常警察と最終的解決―強制移送
第一〇一警察予備大隊
ポーランド到着
大量殺戮への通過儀礼―ユゼフフの大虐殺
大虐殺の考察
ウォマジ―第二中隊の急襲
トレブリンカへの八月の強制移送
九月下旬の暗殺
強制移送の再開
ホフマン大尉の奇妙な健康状態
「ユダヤ人狩り」
最後の大虐殺―「収穫感謝祭」作戦
その後
ドイツ人、ポーランド人、ユダヤ人
普通の人びと

著者等紹介

ブラウニング,クリストファー・R.[ブラウニング,クリストファーR.] [Browning,Christopher R.]
1944年生まれ。アメリカの歴史学者。パシフィック・ルター大学やノース・カロライナ大学チャペルヒル校で歴史学の教鞭をとる。『普通の人びと』を含め、全米ユダヤ図書賞ホロコースト部門を三度受賞。2006年には、アメリカ芸術科学アカデミーのフェローに選出される

谷喬夫[タニタカオ]
1947年群馬県生まれ。新潟大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。