ちくま学芸文庫<br> 流言蜚語

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
流言蜚語

  • 清水 幾太郎【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 筑摩書房(2011/06発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン,夏のジャンル別プラスポイント(文庫)
  • ポイント 66pt
  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年08月14日 20時44分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480093905
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0136

内容説明

流言蜚語の成立条件、構造、社会的機能を詳細にわたって分析した論考、および関東大震災の生々しい体験記と、震災直後の世情への反応、流言を考察した達意のエッセイを付す。

目次

1 流言蜚語(流言蜚語と報道;流言蜚語と輿論)
2 大震災は私を変えた(日本人の自然観―関東大震災;明日に迫ったこの国難―読者に訴える;大震災は私を変えた;地震のあとさき)

著者等紹介

清水幾太郎[シミズイクタロウ]
1907‐88年。東京生れ。東京帝国大学文学部社会学科卒業。社会学者。ジャーナリスト、文学博士。讀賣新聞社論説委員、二十世紀研究所所長などを経て、学習院大学教授(1949‐69)、清水研究室主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

危機や災害と切り離せない流言蜚語はどのような機能と構造を備えているのだろうか。つかみにくい実態を鮮やかに捌いた歴史的名著。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件