• ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
サバト恠異帖

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 512p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480087973
  • NDC分類 914.6

内容説明

古来、西欧においても、また日本でも、怪異・幻想文学は「文学」の正道として認められてこなかった。しかし、そこには生の限界状況のなか、さまざまに苦悩する人たちの魂の叫びがあり、それぞれの民族の本質的性格さえ表れているのである。本書に収録されている秋成、南北、黙阿弥、鏡花などの世界から、西欧近代の神秘家フランシス・グリーアスン、詩人エイ・イーなどを論じた壮大な東西のデモノロジー、オカルティズム、ウィッチクラフト、ミステシズムの諸考察は、言葉の錬金道士日夏耿之介の独壇場であり、今にいたるも他の追随を許さない。「サバト世界」文庫オリジナルである。

目次

1 恠異・古譚(恠異ぶくろ;徳川恠異談の系譜;怪談牡丹灯の源流 ほか)
2 楚囚文学・焚書(楚囚文学考;獄中文学考;焚書史話 ほか)
3 神秘(全神秘思想の鳥瞰景;フランシス・グリーアスン;近代神秘詩と詩人エイ・イーの位相)

著者紹介

日夏耿之介[ヒナツコウノスケ]
1890‐1971年。早稲田大学英文学博士。学匠詩人として、『転身の頌』『黒衣聖母』『海表集』『美の司祭』『明治大正詩史』など、詩集や研究書、評論や随筆を発表し、荘重幽玄な美意識を確立

井村君江[イムラキミエ]
1932年生まれ。東京大学大学院比較文学博士課程修了。イギリス・アイルランド・フォークロア学会終身会員