ちくま学芸文庫
筆蝕の構造―書くことの現象学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 243,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480087348
  • NDC分類 728.04
  • Cコード C0176

内容説明

電子メディアの登場は言葉の世界をどのように変貌させようとしているのか。ワープロやパソコンで入力された文章と肉筆で書かれた文章とのあいだに差異は存在しないのか。書き言葉と話し言葉を分ける最後の一線に踏み込み、“筆蝕”という独創的な概念を駆使して、書くことの本質にはじめて照明をあてた画期的な論考。

目次

序 書くという行為の坩堝へ
1 書くことと話すこと
2 筆蝕
3 “筆蝕”と文学
4 スタイル
付録 書くことの深み―筆蝕の構造

著者紹介

石川九楊[イシカワキュウヨウ]
1945年、福井県生まれ。京都大学法学部卒業。書家。京都精華大学教授、文字文明研究所所長。著書に『書の終焉―近代書史論』(サントリー学芸賞)、『日本書史』(毎日出版文化賞)などがある