ちくま学芸文庫<br> 書物の近代―メディアの文学史

個数:

ちくま学芸文庫
書物の近代―メディアの文学史

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 324p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480085276
  • NDC分類 910.26

内容説明

書物は言葉を盛る器であり、同時にまたその形態によって思想をあらわしてもいた。造本に心をくだき「大凝りの美本」に固執した夏目漱石、斬新なテクノロジーを駆使して素朴さそのものを書物のうえに演出してみせた島崎藤村、厳しい言論統制の下で書物の生産・流通の仕組みを見つめ、本と人との「生きた関係」を空想した中野重治ら…。出版文化を根幹にすえた近代という時代にあって、書物と人はいかなる変容をとげたのか。活字印刷の始まった明治から戦後にいたる小説の「モノ」としての基盤と、そこに意識的だった作家たちの格闘をたどる、日本近代文学史・文化史への新しい視座。

目次

第1章 小説の始まり、書物ブックの誕生
第2章 意匠のイデオロギー
第3章 書斎の空間、書物の宇宙
第4章 書物のリアリズム
第5章 侵入する肖像写真
第6章 活字の氾濫、メディアの闘争
第7章 書物の知恵の環
第8章 紙の戦争

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件