ちくま学芸文庫<br> 将棋図式集〈下〉江戸時代後期

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
将棋図式集〈下〉江戸時代後期

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 520p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784480084637
  • NDC分類 796

内容説明

「金・銀智恵の輪」「死刑の宣告」など、後世愛称をもって語り継がれた名品がいよいよ登場する。江戸時代後期、図式の世界は黄金時代の高潮が去って、あきらかな退潮のきざしが訪れていた。奇跡の完成を見た後の潜伏の時代、入魂の大作が乏しいなかで、しかし趣向の妙技は磨きを加え、職人芸とも言うべき繊細さが見事な盤面を形作っていく。小ぶりながらも洗練された絶妙手に、現代作品に通ずる味わいを見ることもできるだろう。本巻では十代将軍・家治「象棊攻格」以下8編を取りあげ、それに参考作品を付した。いずれ劣らぬ好事家の腕競べ、快哉必死の終局へと駒は進む。

目次

象棊攻格(十代将軍・徳川家治)
将棋妙案(久留島喜内)
橘仙貼璧(久留島喜内)
将棋大綱(八代大橋宗桂)
将棋舞玉(八世名人・九代大橋宗桂)
将棋玉図(桑原君仲)
将棋極妙(桑原君仲)
象戯童翫集(和中氏)
参考作品(天野宗歩・作者不知)