ちくま学芸文庫<br> ローマ帝国衰亡史〈9〉十字軍と頽勢のビザンティン文明

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
ローマ帝国衰亡史〈9〉十字軍と頽勢のビザンティン文明

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 19時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 434,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480082695
  • NDC分類 232.8

内容説明

ヨーロッパ古代世界に最大の版図をもち、多年隆盛を誇ったローマ帝国はなぜ滅びたのか?この「消えることのない、永遠の問い」に対する不朽の解答―18世紀イギリスの歴史家E・ギボンの名筆になる大歴史書の完訳。イスラム人に占領された聖地イェルサレムを奪回すべく企てられた数度にわたる十字軍の活動が、コンスタンティノープルを略奪し、ローマ帝国の消長に力をかすことになる一大叙述。

目次

第56章(イタリアにおけるサラセン人、フランク人、ギリシア人;ノルマン人の最初の侵攻と定住; ほか)
第57章(セルジュク朝のトルコ族;ヒンドスタン征服者マフムードへの彼らの反乱 ほか)
第58章(第一回十字軍の起源と人数;ラテン諸候の性格;彼らのコンスタンティノポリスへの進軍 ほか)
第59章(ギリシア帝国の存続;第二回、第三回十字軍の人数と経路および結末;聖ベルナール ほか)
第60章(ギリシア教会とラテン教会の分裂;コンスタンティノポリスの状況;ブルガリア人の反乱 ほか)
第61章(フランス人とヴェネチア人による帝国の分割;フランドルとクルトネ両王家の五人のラテン皇帝 ほか)
第62章(ニカエアおよびコンスタンティノポリスの歴代ギリシア皇帝;ミカエル・パラエオログスの登位と治世 ほか)
第63章(ギリシア帝国内の内戦と破局;老幼アンドロニクス両帝とヨハンネス・パラエオログスの治世 ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件