ちくま学芸文庫<br> 評伝吉田茂〈4〉山顛の巻

  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
評伝吉田茂〈4〉山顛の巻

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 460,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480081766
  • NDC分類 289

内容説明

公職追放となった鳩山一郎の後を受けて自由党総裁となった吉田茂は、昭和21(1946)年以降5次にわたって内閣を組織する。厳しい占領体制の下、外交の専門家から政治家(ステイツマン)への転身であった。日本国憲法の制定と教育改革・農地改革。傾斜生産方式などの計画的経済政策をドッジ・ラインによる自由主義的経済政策に転換。山積する問題を強いリーダシップによって次々と克服しつつ、復興への模索が続けられた。朝鮮戦争(1950年)の勃発によって、国際情勢は東西対立が顕在化し始めてきた。再軍備のための準備も着々と進められる。そして、いよいよ日本国民の悲願であった講和条約締結という大仕事が遂行される。

目次

組閣
第一次吉田内閣
在野時代
第二次、第三次吉田内閣