ちくま学芸文庫<br> ニーチェ全集〈11〉善悪の彼岸 道徳の系譜

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま学芸文庫
ニーチェ全集〈11〉善悪の彼岸 道徳の系譜

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2016年12月10日 15時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 文庫判/ページ数 632,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480080813
  • NDC分類 134.9

内容説明

大きな期待をもって世に送りだした『ツァラトゥストラ』の不評に心を痛めるニーチェ。『善悪の彼岸』は誤解と歪曲から自己の思想を救う意図をこめて、その一種の注釈書として著わされた。本書では、19世紀ヨーロッパの道徳と宗教の価値が厳しく問われ、いわゆる〈客観性〉〈歴史的感覚〉〈科学性〉〈同情〉という近代的信仰の対象物が鋭い批判のメスで解剖されている。ニーチェの哲学の円熟期を代表する重要な著作の一つである『善悪の彼岸』、その終楽章ともいうべき『道徳の系譜』の二作品を収録する。

目次

善悪の彼岸(哲学者の先入見について;自由なる精神;宗教的なるもの;箴言と間奏曲;道徳の博物学について;われわれ学者たち;われわれの徳;民族と祖国;高貴とは何か;高峰より)
道徳の系譜(「善と悪」、「よい〈優良〉とわるい〈劣悪〉」;〈負い目〉、〈良心の疚しさ〉、およびその類いのことども;禁欲主義的理想は何を意味するか?)