ちくま新書<br> 悪魔の証明―なかったことを「なかった」と説明できるか

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

ちくま新書
悪魔の証明―なかったことを「なかった」と説明できるか

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年08月02日 11時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 213p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480074003
  • NDC分類 301.6
  • Cコード C0230

出版社内容情報

理不尽な「悪魔の証明」の追及による、説明の無限ループを避けるにはどうすればいいか。犯罪学、統計学、宗教学の知見から迫る。

内容説明

事実ではないことを「そんなことはなかった」と説明するのは、実際にあったことを立証するよりも困難だ。しかし人は往々にして、そんな「悪魔の証明」を他人に強要する。思い込みが先行した追及は、ともすると自らの挙証責任をないがしろにするので、相手に説明の「無限ループ」を迫ることになる。敵を混乱させたり、イメージ悪化を図るには有効だが、もはや建設的な議論や問題点の抽出は望めない。本書では、犯罪学や統計学、そして宗教学も参照しながら、悪魔の証明の正体に迫ろう。

目次

プロローグ 悪魔の証明
1 犯罪を証明する手続き―「あったことを証明する」ことすら簡単ではない
2 挙証責任―立証の責任は誰にあるか
3 不可能性―社会的不可能と神学論争
4 非合理性―科学的判断と不思議な論理
5 間接補強証拠・要因―証拠とデータの判断、討論の決着
6 「なかったこと」の証明―武器になる反論とは

著者等紹介

谷岡一郎[タニオカイチロウ]
1956年大阪生まれ。80年慶應義塾大学法学部を卒業後、83年南カリフォルニア大学行政管理学部修士課程修了、89年社会学部博士課程修了(ph.D)。大阪商業大学教授を経て、97年同大学学長、2005年谷岡学園理事長。専門は犯罪学、ギャンブル社会学、社会調査論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。