ちくま新書<br> 医学全史―西洋から東洋・日本まで

個数:
電子版価格 ¥1,155
  • 電書あり

ちくま新書
医学全史―西洋から東洋・日本まで

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月25日 22時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 478p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480073617
  • NDC分類 490.2
  • Cコード C0247

出版社内容情報

医学はいかに発展してきたのか。古代から西洋伝統医学が続けてきた科学的探究は19世紀に飛躍的な発展を見せる。萌芽期から現代までの歴史を辿る決定版通史。

内容説明

現代医学はどのようにしてできあがったのか?古代より、伝統医学は経験から治療法を、推論から理論を創り出すと同時に、西洋では解剖学という人体の科学的探究を続けてきた。それが一九世紀に、病理解剖学や実験生理学の発展に伴い実践的な治療と結びつき、劇的な変貌を遂げることになる。医史学研究の第一人者が古今東西の書物を繙き、萌芽期から現代までの歴史を丁寧に辿りつつ、その飛躍的発展の背景に迫る決定版通史。

目次

1 古代から中世まで―医学の誕生(古代文明とさまざまな伝統医学;古代ギリシャの医学;古代ローマの医学;ビザンチンとアラビアの医学;中世ヨーロッパの医学)
2 一六世紀以後―西洋伝統医学の成熟(一六世紀―情報革命の時代;一七世紀―変貌する自然観と人体観;一八世紀―拡大する世界と知識;西洋伝統医学の特徴と構造)
3 一九世紀以後―西洋近代医学への発展(基礎医学諸分野の成立;外科手術の発展;体内を可視化する診断技術;感染症との闘い;循環器疾患との闘い;癌との闘い;脳と心の病;安全な出産と生殖の病;慢性炎症性疾患との闘い;病気を癒やすための薬)
4 日本医学史―起源と発展(中国伝統医学の展開―古代から近世まで;江戸時代以前―漢方医学と西洋医学の交錯;明治時代―西洋医学の移植と展開;二〇世紀以後―医学教育と医療の諸相)

著者等紹介

坂井建雄[サカイタツオ]
1953年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学解剖学教室助教授、順天堂大学教授(解剖学・生体構造科学)を経て、順天堂大学保健医療学部・医学部医史学研究室特任教授。専門は解剖学、医史学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。