ちくま新書<br> ことばの教育を問いなおす―国語・英語の現在と未来

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ちくま新書
ことばの教育を問いなおす―国語・英語の現在と未来

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年11月24日 16時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480072740
  • NDC分類 810.7
  • Cコード C0237

内容説明

学習指導要領の改訂や大学入学共通テストへの記述問題・民間試験導入で大きく揺れ動く国語教育・英語教育。本書では、この危機の時代に、国語と英語という「ことばの教育」にはそもそもどんな意味があるのか、そしてどうやって「ことばの力」を鍛えるのかを、それぞれの分野の専門家三名がリレー形式で思考する。私たちの思考の根本をつくるのは「ことば」である。その教育が、子どもたちの未来をつくる。「ことばの教育」を考えることこそが、いま大切なのである。

目次

第1部 大村はまの教育(「国語力」は大丈夫か;母語と国語、外国語と英語;いきいきとした教室へ)
第2部 理論と実践、演繹と帰納(理論とは何か;演繹的思考と帰納的思考;英語と国語の連携)
第3部 ことばの教育の未来(言語能力を鍛えるために;これからの言語教育へ向けて;大学入試改革を考える;徹底的に読み、書き、考える―ことばの力の鍛え方)

著者等紹介

鳥飼玖美子[トリカイクミコ]
東京都生まれ。立教大学名誉教授。NHK「世界へ発信!SNS英語術」講師。コロンビア大学大学院修士課程修了、サウサンプトン大学大学院博士課程修了(Ph.D.)

苅谷夏子[カリヤナツコ]
1956年生まれ。大村はま記念国語教育の会事務局長。東京大学文学部国文科卒

苅谷剛彦[カリヤタケヒコ]
1955年生まれ。オックスフォード大学教授。ノースウェスタン大学大学院博士課程修了、Ph.D.(社会学)取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大学入学共通テストへの記述問題・民間試験導入などで揺れ動く国語教育・英語教育。ことばの教育はどうあるべきなのか、3人の専門家がリレー形式で思考する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件