ちくま新書<br> インディアンとカジノ―アメリカの光と影

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ちくま新書
インディアンとカジノ―アメリカの光と影

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 14時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 304p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480072689
  • NDC分類 316.853
  • Cコード C0236

出版社内容情報

ラスベガスを上回る、年間30兆円のビッグ・ビジネスはなぜ生まれたのか。インディアンの歴史を跡づけ、その意義となおも残る困難を明らかにする。

内容説明

二〇世紀後半以降、保留地内に建設したカジノによって、インディアンは莫大な収益をあげている。二〇一六年にはラスベガスのカジノ収入を抜き、カジノ産業は実質的にインディアン社会の経済的・社会的・文化的自治の基盤となった。なぜインディアンがカジノを経営するようになったのか?アメリカとの関係からインディアンの歴史を跡づけ、「インディアン・カジノ時代」という新しい時代が到来していることを明らかにする。

目次

第1章 「インディアン」とは何か
第2章 アメリカの建国
第3章 アメリカの良心の揺らぎ
第4章 カジノとインディアン
第5章 インディアン・カジノ時代の到来
第6章 インディアンの自画像
第7章 インディアンはどこへ行くのか

著者等紹介

野口久美子[ノグチクミコ]
明治学院大学国際学部国際学科准教授。2009年、カリフォルニア大学デイヴィス校アメリカ先住民研究科博士課程修了。博士(アメリカ先住民研究)。専門はアメリカ先住民近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さすらいの雑魚

36
村枝賢一の傑作にREDがある。部族を軍閥に滅ぼされ独り生き残ったインディアンの復讐劇であり彼と仲間達の大河ドラマでもある。本作はRED達の闘争を別の形で継戦したインディアンの今を活写。銃に代え法律と知力で武装し勇気と情熱で人種差別を打払いカジノ産業を手中に収めた彼等は巨額の政治献金で合衆国政府に圧力を加え得る強力な政治力を蓄えた。ラコタ共和国の独立が潰されず在る事も納得な実力だ。長い敗走と屈辱から起ちあがり攻勢にでた先住民族達が歌うのは合衆国よ永遠にか赤い憎しみの歌なのか、ヲタの魂が震え刮目が止まらない。

活字スキー

30
【我々は一つの民族、一つの伝統、そして一つの国家である】現在、全米で240の部族が、500件以上のカジノを経営し、その総収益はかのラスベガスを上回るというインディアンの歴史をまとめた一冊。物理的、経済的、文化的な暴力によって生まれたアメリカという連邦国家の光と影。多くの資料と取材に基づいた丁寧な語りは、アメリカ史に限らず、古今東西そしてこれからの社会の在り方を考える上でも一読の価値あり。2021/03/29

かんがく

18
「インディアン」も「カジノ」もアメリカと聴いて連想する言葉であるが、この双方を結び付けてみたことはなかった。こういう思わぬ結びつきこそが読書の楽しみである。先住民でありながら白人たちによって土地を奪われて保留地に押し込められたインディアンが、自治権を活用してカジノ産業を拡大していく様はアメリカ史の描き方としてとても魅力的だ。カジノ収益が文化継承や社会福祉に使われる一方で、収益の分配をめぐって「非成員化」が進むというナショナリズム的な問題もあり、民族問題を考えるヒントが多数ちりばめられていた。2022/12/09

月をみるもの

15
侵略者/虐殺者の子孫たちが唱える「自由と民主主義」なんて欺瞞の極みと思っていたが、自分たちがアイヌや沖縄にしてきたこと/いましていることと比較すると、あちらのほうが千兆倍くらいマシ、、、ということがよくわかった。。IR も大阪とか横浜とか言ってないで、北海道と沖縄先住民限定にすればいいのに。2020/02/02

マイケル

8
米国建国とインディアンの歴史について公平に書かれた良書。カジノについても経済面からの波及効果を肯定的に捉えているが、デメリットは無いのか疑問。映画「アバター」を見た時に思い出した映画「ダンス・ウィズ・ウルブズ」はインディアン美化しずぎとのこと。しかし天然痘による生物兵器まで使用したとは。COVID-19に米軍生物兵器説が出てくるのもうなずける気がする。本書でアメリカ大陸の歴史に興味を持った人に「メイキング・オブ・アメリカ: 格差社会アメリカの成り立ち(阿部珠理)」をお勧めしたい。日本にカジノは要らない。2020/04/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14556225
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。