ちくま新書<br> 昭和史講義 戦前文化人篇

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ちくま新書
昭和史講義 戦前文化人篇

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2019年10月21日 19時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 304p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480072405
  • NDC分類 281
  • Cコード C0221

内容説明

近代日本を代表する知識人や文人、大衆作家、画家、建築家、漫画家ら文化人たちは昭和戦前期をいかに生き抜いたか。石橋湛山、和辻哲郎、鈴木大拙、柳田国男、谷崎潤一郎、保田與重郎、江戸川乱歩、中里介山、長谷川伸、吉屋信子、林芙美子、藤田嗣治、田河水泡、伊東忠太、山田耕筰、西條八十の一六人を採り上げ、最新の知見からその人物像を正確に描き出す。また彼らが戦争とどう関わり、あるいは背を向けたかを見ることで激動の時代を検証する。好評・昭和史講義シリーズの第五弾。

目次

石橋湛山―言論人から政治家へ
和辻哲郎―人間と「行為」の哲学
鈴木大拙―禅を世界に広めた国際人
柳田国男―失われた共産制を求めて
谷崎潤一郎―「今の政に従う者は殆うし」
保田與重郎―「偉大な敗北」に殉じた文人
江戸川乱歩―『探偵小説四十年』という迷宮
中里介山―「戦争協力」の空気に飲まれなかった文学者
長谷川伸―地中の「紙碑」
吉屋信子―女たちのための物語
林芙美子―大衆の時代の人気作家
藤田嗣治―早すぎた「越境」者の光と影
田河水泡―「笑い」を追求した漫画家
伊東忠太―エンタシスという幻想
山田耕筰―交響曲作家から歌劇作家へ
西條八十―大衆の抒情のために生きた知識人

著者等紹介

筒井清忠[ツツイキヨタダ]
1948年生まれ。帝京大学文学部長・大学院文学研究科長。東京財団政策研究所上席研究員。専門は日本近現代史、歴史社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

柳田、大拙、和辻ら近代日本の代表的知性から谷崎、乱歩、保田與重郎ら文人まで、文化人たちは昭和戦前期をいかに生きたか。最新の知見でその人物像を描き出す。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件