ちくま新書<br> 功利主義入門―はじめての倫理学

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

ちくま新書
功利主義入門―はじめての倫理学

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年07月21日 13時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480066718
  • NDC分類 151.7
  • Cコード C0212

出版社内容情報

「よりよい生き方のために常識やルールをきちんと考えなおす」技術としての倫理学において「功利主義」は最有力のツールである。自分で考える人のための入門書。

内容説明

倫理学とは「倫理について批判的に考える」学問である。すなわち、よりよく生きるために、社会の常識やルールをきちんと考えなおすための技術である。本書では、「功利主義」という理論についてよく考えることで、倫理学を学ぶことの意義と、その使い方を示す。「ルールはどこまで尊重すべきか」や「公共性と自由のあり方」という問いから「幸福とは何か」「理性と感情の関係」まで、自分で考える人の書。

目次

第1章 倫理と倫理学についての素朴な疑問
第2章 功利主義とは何か
第3章 功利主義者を批判する
第4章 洗練された功利主義
第5章 公共政策と功利主義的思考
第6章 幸福について
第7章 道徳心理学と功利主義

著者等紹介

児玉聡[コダマサトシ]
1974年大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。博士(文学)。現在、東京大学大学院医学系研究科専任講師。専門は、倫理学・政治哲学。功利主義を軸にして英米の近現代倫理思想を研究する。また、臓器移植や終末期医療等の生命・医療倫理の今日的問題をめぐる哲学的探求を続ける。著書に『功利と直観―英米倫理思想史入門』(平成23年度日本倫理学会和辻賞受賞、勁草書房)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

240
かなりわかりやすくて面白い良書。基本的には倫理学の中でも「最大多数の最大幸福」を目指す功利主義者の考えについて説明しているが、ところどこに挿入されるユーモアが適度なスパイスになり、小難しさを緩和している。そして、単なる倫理学の解説本ではなく、倫理学をきっかけにして読者に「問い」を発しているという点で、ぜひおススメしたい一冊だった。とりわけ、「幸福とは何か」という、たしかに意外と論じられていない根本的な問いかけと、それに対する功利主義的なアプローチは個人的に大変興味深く、考えさせられる。2016/02/21

ころこ

41
倫理の規則をメタ的に重ねていくと、いつか功利主義になります。しかし、それは何もいっていないに等しい。なぜならば、何に価値を置くかによって、効用は大きく異なるからです。功利主義によって、相対化された中でも薄ぼんやりと答えがみえると錯覚させるのであれば、本書は無意味でしょう。功利主義が主義だと思えるのは、その人の思考の幅が狭いからです。他方で、功利主義を原理だと思うのは間違いだと、気付くきっかけとなるのであれば読む価値はあります。公共政策のようなことを考えるのであっても、読者が少し躓くようにできています。2019/08/27

mana

35
新書として、軽く功利主義や倫理学に触れられる本。様々な立場の功利主義について紹介されており、入門に持ってこい。2023/03/08

テツ

24
功利主義が導き教える「最大多数の最大幸福」 それについて自分なりに考えるのは幸福や正義、最大多数とはなんぞやということについて自分だけの思考を創り上げていくことだ。倫理学的な思考の形。既存の価値観を疑いながらも、それを破壊して新しい何かを創り上げるためには緻密にロジックを積み重ねていかなければならないと知ること。感情の赴くままにがなりたてることが是とされる空気が熟成されているような気がする昨今だけれど(特に正義を背負うとね)本来はこうして自分の中で血を吐くまで思考を重ねるべきだ。外部に出すのはその後だ。2019/12/06

きいち

24
国境の話でもいじめの話でも年金の話でも、合意形成の難度が上がっている中、功利主義は今とても威力を発揮する考え方なのでは?と感覚的に思ってきた。非常にわかりやすく実感的に解説してくれるこの本は、その感覚をしっかりと根拠づけてくれる。もちろん、「すべて損得づくで早く正しく決めれるから」というのではなく、お互いがベースにしている「損得の尺度」のズレを意識することで、対話や議論での「かみ合わなさ」が少しずつ解消していくから。商売の場面でも同じだが、「話なんかしたってしかたない」という態度こそ、一番の敵なのだもの。2013/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5142055
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。