ちくま新書<br> 遺伝子の不都合な真実―すべての能力は遺伝である

個数:

ちくま新書
遺伝子の不都合な真実―すべての能力は遺伝である

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480066671
  • NDC分類 467
  • Cコード C0245

内容説明

勉強ができるのは生まれつきなのか?仕事に成功するための適性や才能は遺伝のせいなのか?IQ、性格、学歴やお金を稼ぐ力まで、人の能力の遺伝を徹底分析。だれもがうすうす感じていながら、ことさらには認めづらい不都合な真実を、行動遺伝学の最前線から明らかにする。親から子への能力の遺伝の正体を解きながら、教育と人間の多様性を考える。

目次

はじめに すべては遺伝子の影響を受けている
第1章 バート事件の不都合な真実―いかに「知能の遺伝」は拒絶されたか
第2章 教育の不都合な真実―あらゆる行動には遺伝の影響がある
第3章 遺伝子診断の不都合な真実―遺伝で判断される世界が訪れる
第4章 環境の不都合な真実―環境こそが私たちの自由を阻んでいる
第5章 社会と経済の不都合な真実―遺伝から「合理的思考」を考えなおす
第6章 遺伝子と教育の真実―いかに遺伝的才能を発見するか

著者等紹介

安藤寿康[アンドウジュコウ]
1958年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、同大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学文学部教授。教育学博士。専門は行動遺伝学、教育心理学。特に認知能力とパーソナリティの発達に及ぼす遺伝と環境(主に教育環境)の影響に関して、双生児法による研究を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

勉強ができるのは生まれつきなのか? IQ・人格・お金を稼ぐ力まで、「能力」の正体を徹底分析。行動遺伝学の最前線から、遺伝の隠された真実を明かす。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件