ちくま新書<br> 男の嫉妬―武士道の論理と心理

電子版価格 ¥648
  • 電書あり

ちくま新書
男の嫉妬―武士道の論理と心理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480062659
  • NDC分類 210.5

内容説明

義に厚く、潔い男の中の男。「武士」という言葉から連想される通念であろう。現代には失われた日本の美徳を、われわれは「武士道」へと投影しがちだ。しかし、多くの史料には、嫉妬心から足を引っ張りあう、彼らの等身大の生き様が描かれている。では、なにゆえにサムライたちは、かくも生臭い情念に翻弄されねばならなかったのか。そして、その心性を根深く規定した日本社会の特質とは。一級資料を丹念に掘り起こし、嫉妬うずまく武士社会の実像を浮き彫りにする刺激的な試み。

目次

第1章 名誉ある武士の嫉妬
第2章 殉死者をめぐる嫉妬心
第3章 嫉妬にもとづく陰湿な批判
第4章 正義の根底に嫉妬心あり
第5章 嫉妬に沈められた長谷川/平蔵
第6章 他人の出世に羨望する人々
第7章 嫉妬を緩和し、温存するシステム

著者紹介

山本博文[ヤマモトヒロフミ]
1957年岡山県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。同大学院人文科学研究科修士課程修了。文学博士。東京大学史料編纂所教授。専攻は日本近世史。92年、『江戸お留守居役の日記』(読売新聞社、現在は講談社学術文庫)で第40回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)