ちくま新書
情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 218p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480059659
  • NDC分類 007.5

内容説明

メディア・リテラシーとは端的に言って、「情報の目利き」になることだ。「目利き」になることで私たちは、簡単には騙されなくなる。仕事であれ音楽であれ建築であれファッションであれ、騙されずに最後まで愉しむためには、このリテラシーが欠かせない。では、どのようにして身につけるのか?本書では、「情報の目利き」たる著者が、自らの実践に基づき、その技法をQ&A形式で分かりやすく伝授。現代人必読の一冊だ。

目次

メディア・リテラシー基礎編(自己紹介は難しい;読書量を増やすには ほか)
メディア・リテラシー発信編(自分のサイトをもつ;疑問点に答える ほか)
メディア・リテラシー懐疑編(「問題」を抱え続ける;ニュースにどう反応するか ほか)
メディア・リテラシー激闘編(なぜ実名報道なのか;新聞社にも常識を ほか)
メディア・リテラシー応用編(感想を企画書に変える;どうして旅に出るの? ほか)

著者紹介

日垣隆[ヒガキタカシ]
3度の瀕死体験と失業3回を経て1987年より取材・文筆活動に。1958年7月生まれ。「『買ってはいけない』はインチキ本だ」(『それは違う!』文春文庫)で文芸春秋読者賞、「辛口評論家の正体」(『偽善系2』文芸春秋)で編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞・作品賞など。現在11紙誌に連載中