• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
「妖しの民」と生まれきて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 327p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480039408
  • NDC分類 912.7

内容説明

東映ヤクザ映画の名作を数多く遺したシナリオ作家・笠原和夫。その半生は映画さながらに凄絶な日々でもあった。放蕩者の父への殺意。何度も入れ替わる義母との確執。転校、動員、海軍、敗戦。そこで体験した人間の冷酷さと温もり。連れ込み宿で働きながら目にするアメリカ兵とパンパンの素顔。そして映画への夢。昭和の心をワシ掴みにした笠原ワールドの原点。

目次

「妖しの民」と生まれきて
木挽町の「パリ祭」

著者紹介

笠原和夫[カサハラカズオ]
1927年東京日本橋生まれ。日本大学英文学科中退。さまざまな職業の後、東映宣伝部、脚本課を経て76年よりフリーとなる。時代劇、ヤクザ映画、戦争映画など数々のシナリオを執筆する。主な作品に『日本侠客伝』シリーズ、『博奕打ち総長賭博』『仁義なき戦い』シリーズ等。2002年12月12日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)