• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
青白い炎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 542p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480038814
  • NDC分類 933

内容説明

ジョン・フランシス・シェイド(1898‐1959)は、架空の詩人だ。その詩人の999行からなる長大な瞑想詩『青白い炎』を本文に掲げ、序文と注釈と索引を付して、研究書の体裁を整えるのは、これまた架空の人物、キンボート。彼は詩人の隣人でもあり、ロシア文学の教授でもあるのだが、実は狂人?…。彼の施す長大な注釈からはサスペンスが横溢。これは一体また何という注釈だろう!二つの異質なエクリチュールを配することで、合わせ鏡の迷宮にも似た不思議な文学空間の現出に成功、読者を唖然とさせた、ナボコフ円熟期の実験小説の傑作。

著者紹介

ナボコフ,ウラジーミル[ナボコフ,ウラジーミル][Nabokov,Vladimir Vladimirovich]
1899‐1977。ロシア貴族の子としてペテルブルグに生まれ、革命により19年に亡命。ケンブリッジ大学卒業後、ベルリン、パリの生活を経て40年に渡米。コーネル大学などで文学を講じ、同時に英語による小説の執筆をはじめる。実験的な技巧に彩られた作品の数々は、近年ますます注目を集めている

富士川義之[フジカワヨシユキ]
1938年、岡山市に生まれる。東京大学文学部教授を経て、現在、駒沢大学文学部教授。英文学専攻