ちくま文庫
志ん朝の落語〈3〉遊び色々

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 444p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480038739
  • NDC分類 913.7
  • Cコード C0193

内容説明

「狼にはヨイショがきかない」。「愛宕山」の口演で口にしたくすぐりは、観客の度肝を抜き、満員の劇場が床ごと一尺も持ち上がったようなどよめき笑いが起きた。志ん朝の明るさと工夫が冴えわたる「遊び色々」の巻には、「愛宕山」「寝床」「三枚起請」「居残り佐平次」「蔵前駕篭」「五人廻し」「干物箱」「付き馬」「羽織の遊び」「花見の仇討」他全十二編を収録。各話に編者による解説を付す。

目次

愛宕山
寝床
三枚起請
佐々木政談
居残り佐平次
蔵前駕篭
五人廻し
干物箱
付き馬
羽織の遊び
お茶汲み
花見の仇討

著者紹介

古今亭志ん朝[ココンテイシンチョウ]
昭和13年、東京生まれ。32年父の古今亭志ん生に入門して朝太で前座。34年二ツ目。37年志ん朝を襲名して真打となる。落語以外に演劇人としてもその才能を発揮した。出囃子は「老松」。名実ともに当代随一の噺家であったが、平成13年10月1日、没

京須偕充[キョウストモミツ]
昭和17年、東京生まれ。ソニー・ミュージック学芸プロデューサー時代に三遊亭円生「円生百席」の録音を手がけ、録音を渋っていた古今亭志ん朝が、唯一その高座の録音を許した