• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
少年事件―暴力の深層

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480038319
  • NDC分類 368.7

内容説明

「人でも殺しに行くか」と、通りがかりの主婦をめった刺しにした少年。拳銃欲しさに警官をバタフライナイフで襲い、「お巡りさんは拳銃の付録のようだった」と言う少年。そして、家庭内暴力の果てに父親に“金属バット”で殴り殺されたあの少年。家庭内から「外へ」向き始めた少年の暴力の裏側には何があるのか。丁寧な取材によって少年の心に肉迫する。

目次

第1章 果てない殺人願望―主婦襲撃事件(人でも殺しに行くか;なぜ死なないのか ほか)
第2章 失敗からの助走―警官襲撃事件・浮浪者襲撃事件(暗闇のサバイバルゲーム;もう一人の自分 ほか)
第3章 父に砕かれたいのち―金属バット殺人事件(分刻みの時間に支配され;「お父さん」と「テメエ」の間で ほか)
第4章 死にたいくらい悲しいのに―もう一つの家庭内暴力(お前たちの責任だ;漫画の世界に入りたい ほか)
第5章 家族の罠―少年事件への視角(育てることがおざなりに―家裁調査官・寺尾絢彦氏;階層社会に敏感な親たち―精神科医・斎藤学氏(家族機能研究所代表) ほか)

著者紹介

西山明[ニシヤマアキラ]
1949年東京都生まれ。74年共同通信社入社。本社社会部次長などを経て現在、甲府支局長