• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
現代民話考〈7〉学校・笑いと怪談・学童疎開

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 475p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480038173
  • NDC分類 388.1

内容説明

古今東西、学校という空間がいかに妖怪たちに愛されたか。幽霊は言うに及ばず、座敷わらしから河童、のっぺらぼう、一つ目、こっくりさんまで。また、天井が降りてくる、血が滴る、階段が減る増える、人形が歩く、突然ピアノが鳴り出す等、学校の怪談集大成。

目次

第1章 笑いと怪談(笑いと怪談考;怪談;笑い)
第2章 子どもたちの銃後(子どもたちの銃後考;先生たち;学徒動員;学徒出陣;学童疎開;戦時下の学校が)

著者紹介

松谷みよ子[マツタニミヨコ]
1926年、東京に生まれる。作家。「びわの実学校」同人。松谷みよ子民話研究室主宰。『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞受賞)『ちいさいモモちゃん』(野間児童文芸賞受賞)『あの世からの火』(小学館文学賞受賞)ほか著書多数