• ポイントキャンペーン

ちくま文庫
現代民話考〈5〉死の知らせ・あの世へ行った話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 540p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480038159
  • NDC分類 388.1

内容説明

死んだ自分を見た人の話。自分の戦死を告げに家族の元へきた兵士の話。花野に出たり、死者に手招きされたり、生き返った人たちの話のかずかず。人間ばかりでなく、牛や馬の生まれ変わりまで!神秘に満ちた語りの深奥に日本人の、人類の、未知の部分が、かいま見える。

目次

第1章 あの世へ行った話(あの世への道;川や花野などにでる;極楽;地獄;あの世からの迎え;あの世へ連れて行く;あの世で守る;生き返った話;あの世の存在)
第2章 死の話(死の知らせ;寺へ来る死者;死の予知・予告;戦死を告げに帰った兵隊たち;うらみ;死者からのサイン;死者からの贈り物;死んだあと姿を見せる;蝶や虫になって;幽霊)
第3章 生まれかわり(足のうら・手のひらなどに字;生まれかわりさまざま;生まれかわってたたる;前世の記憶;牛や馬など)

著者紹介

松谷みよ子[マツタニミヨコ]
1926年、東京に生まれる。作家。「びわの実学校」同人。松谷みよ子民話研究室主宰。『龍の子太郎』(国際アンデルセン賞優良賞受賞)『ちいさいモモちゃん』(野間児童文芸賞受賞)『あの世からの火』(小学館文学賞受賞)など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)